• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
戸田覚「iPhone仕事術」

SIMフリーiPhoneなら最安値で使える

戸田 覚=ビジネス書作家 2011/08/25 PC Online

 米国に出張した際に、SIMフリーのiPhoneを購入してきた。今回は、実際に手に入れて使うまでの手順と、購入した満足度を紹介しよう。僕が購入した目的は、とにかく最安値でiPhoneを使いたかったのだ。

 僕は、iPhoneでほとんど通話をしない。通話用には、まだガラケーを所有している。そこで、日本通信のデータ通信のみのSIMを利用することを前提に考えたわけだ。

 さて、肝心の購入だが、米国のApple Storeで何の問題もなく入手できた。金額は749ドルで、サポートプログラムの「AppleCare」が69ドルだった。さらに、税金があるので、合計878ドルだ。僕が買った際の為替レートで、約7万円である。このときばかりは円高をうれしく思った。なお、AppleCareを付けなければ、日本円換算で6万5000円ほどで買える。
 現金を支払って、その場で受け取ることができた。試しに店員に「日本でも使えるか」と聞いてみたが、「ノープロブレム」と即答であった。
 購入は、マウスやキーボードを買うかのように、5分で完了だ。これまで、日本のキャリアが運営するショップで携帯電話を買った経験を考えると、何ともあっけない。
 せっかくなので、今回は新製品のホワイトを購入した。パッケージなどは日本で購入したiPhoneと比べてもほぼ同一だ。当たり前だが、全てが英語になっているだけ。普通の製品ならマニュアルに困るのだが、iPhoneの場合はそもそも付属しているマニュアルが貧弱なので、困ることはまずないはず。その他、付属品などは共通だ。

左のホワイトが米国で購入したもの。右のブラックは日本で買ったiPhone 4のパッケージだ。
[画像のクリックで拡大表示]

裏面もほぼ一緒のデザインで、英語か日本語かの違いのみ。
[画像のクリックで拡大表示]

今回はホワイトモデルを購入した。
[画像のクリックで拡大表示]

実は裏面も変わらない。外観上は、両者の違いに気づく人は少ないだろう。
[画像のクリックで拡大表示]

付属のマニュアルも言葉以外はほぼ同じだ。
[画像のクリックで拡大表示]

付属品も同一。
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 日本通信で安上がりを目指す
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る