• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

クジラ飛行机「文系サラリーマンのための仕事に役立つプログラミング入門」

自分だけの画像ビューワーを作ろう(3)~投稿機能をつけて完成させる(最終回)

クジラ飛行机=スーパークリエーター 2010/11/01 PC Online

 簡単なプログラムでさまざまな定型処理を自動化させることを目的に、2006年にスタートした本連載もついに最終回です。3回に分けて作ってきた本格画像ビューワーを今回、完成させます。これまでの画像ビューワーに追加するのは、「Twitterへの投稿機能」と「ラクガキ機能」です。

ラクガキツールを作る

 まずは、ただのラクガキツールを作ってみます。画像ビューワーでラクガキはオマケ機能なので、15行程度のプログラムとなっています。ラクガキツールを作るには、マウスの操作に関するイベントを利用してマウスボタンが押されているかどうかを判別する必要があります。座標を表わす変数「CX」と「CY」、およびマウスの各イベントの使い方に注目してみてください。

まずは簡単なラクガキツールを作ります
[画像のクリックで拡大表示]

#-----------------------------------------------------------------------# ラクガキツール#-----------------------------------------------------------------------メイン画像とはイメージ。そのレイアウトは「全体」線色は赤色。線太さ=3。CX=-1。CY=-1。そのマウス押した時は~座標取得処理。そのマウス離した時は~CX=-1。そのマウス移動した時は~もし、CX≧0ならば、描画実行。●座標取得処理  CX=メイン画像のマウスX。  CY=メイン画像のマウスY。●描画実行  OX=CX;OY=CY;  座標取得処理。  メイン画像のOX,OYからCX,CYへ線  描画処理反映。#-----------------------------------------------------------------------

 ラクガキ線を描画する仕組みは、マウスボタンを押下して、さらにマウスを動かしたときのみ線を描画するという処理を作ることで実現しています。

 はじめに、変数「CX」と「CY」に-1を代入します。そして、マウスボタンを押したときに、変数「CX」と「CY」にマウスの座標を代入します。それで、マウスを移動させたときには、変数「CX」を確認して、値が0以上の時のみ線を描画するようにします。最後に、マウスボタンを離したときは、CXを-1に代入します。というのは、イベント「マウス移動した時」は、マウスボタンが押されているときでもいないときでも実行されてしまうので、このように判別が必要になるのです。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ Twitter(twitpic)への投稿機能をつ...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【古いシステムの捨て方】

    誰もが無意識のうちに足を引っ張る

     企業の基幹系システムを再構築する第一の目的は、“保守性”を向上することにある。保守性の向上は、案件実現のスピードアップやコスト削減につながる。今回は、アプリ開発者が頑張るだけでは、保守性の向上を実現できない実情を解説する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る