• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ネットで逸品

【Thinking Power Notebook お試しセット B】新年度は別注ツバメノートでアイディアを逃がさない

浅野白湯 2010/03/26 PC Online


 会議の記録や社内のちょっとした立ち話、突然浮かんだアイデアなどを書き留めるのにメモ帳やノートは社会人の必須アイテムです。

 このジャンルで人気のスタンダード製品には、「ロディア」があります。文字や図など書く内容を選ばない方眼用紙と、ミシン目から1枚ずつ切り離して使える気軽さが受けています。

 しかし、それには飽き足らない文房具好きが自ら企画したのが、今回紹介する「Thinking Power Notebook」シリーズの製品です。

 「Thinking Power Notebook」は「Thinking Power Project」によって企画製品化されています。プロジェクトは、2007年春にプロジェクトの中心メンバーである竹村譲さん(富山大学芸術文化学部非常勤講師)がツバメノートに取材に行ったところから始まっています。

 ツバメノートは、大学ノートに中性紙フールスという用紙を使い、万年筆でも裏写りしない品質と、書き味の良さで高い評価を得ている国産ノートメーカーです。ツバメノートでは800冊から別注ノートが作れることから、文房具好きの仲間を集めてオリジナルのノートを作ったのがそのきっかけでした。

 第一弾は、2008年5月に発売された、横開きのB5サイズとA4サイズのノートです。これはパソコンのキーボードの前の狭いスペースでも広げられるようにしたものです。

A5サイズ「ネイチャー」。W257×D18×H4(mm)、30枚60ページ。キーボードの前で広げやすいよう、横開きになっている。 PowerPointのアイデアを書くのに便利。大学ノートのデザインを踏襲しつつ、プロジェクトメンバーのイラストレーター、YOUCHANのイラストが添えられている。B5サイズまでの製品にはプロジェクトの精神を表す「Thinking Power To The People」という言葉が入っている。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ スキャンして保存しやすいのが利点
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    Rubyはデータサイエンスで生き残れるか

     世界で利用されている国産プログラム言語「Ruby」が、機械学習や人工知能(AI)開発の盛り上がりを前に正念場を迎えている。米Googleなどを後ろ盾に「Python」が同分野でソフトを充実させる一方で、Rubyの存在感は薄い。5月19日に開かれたワークショップでRuby開発者達は危機感をあらわにし…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る