• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

伊藤浩一「モバイルライフ応援日記」

HYBRID W-ZERO3海外利用レポート・香港編(第145回)

伊藤 浩一=モバイル情報ブロガー 2010/02/12 PC Online

 みなさん、モバイルしていますか? モバイルの楽しさは、時間と場所に制約がなく、シームレスに作業できることです。しかも、海外でもモバイルができたら、さらに楽しさが倍増するのではないでしょうか。その海外モバイルを可能にする端末が、ウィルコムのWindows Mobileスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」です。

 HYBRID W-ZERO3は、海外において通話も通信も可能です。まず通信ですが、通信SIM専用SIMスロット(3G用)がSIMフリー仕様になっており、海外の現地で調達したSIMを挿すことで、リーズナブルな値段でパケット通信が可能です。通話に関しても、W-SIMスロットにGSM専用W-SIMを挿すことで、GSMスロットでGSM SIMを利用することが可能になり、海外で通話できるようになります。

 こんなすごい機能を持つHYBRID W-ZERO3を海外に使ってみたい! ということで、発売したばかりのHYBRID W-ZERO3を持って、香港に行ってきました。香港では、海外渡航者でもパケット定額の3G SIMを購入可能です。さらに、GSMに関しても、NTTドコモやソフトバンクのSIMカードをそのまま使ってローミング通話が可能です。HYBRID W-ZERO3を活用するには、最適な環境ということで、香港を選びました。

 それでは、香港にてHYBRID W-ZERO3を利用した様子の写真レポートです。なお、GSM用W-SIMは原稿執筆時点で未発売なため、ウィルコムより試作品をお借りしました。実際の製品とは違う場合がありますので、ご了承ください。

図1 香港で「HYBRID W-ZERO3」を利用してみました
[画像のクリックで拡大表示]

図2 HYBRID W-ZERO3にGSM用W-SIMを挿入します。HYBRID W-ZERO3には、通称“黒耳”と呼ばれるW-SIMが付属していますが、GSM用W-SIMは黄色い耳でした
[画像のクリックで拡大表示]

図3 HYBRID W-ZERO3に2枚のSIMを挿します。左側のSIMが、香港の通信キャリア「Hutchison」の「HSDPA Broadband Access Rechargeable Sim Card」。香港国際空港のHutchisonショップにて購入しました。プリペイドSIMと呼ばれるもので、価格は98香港ドルでした。パケット通信に関しては一日当たり上限が28香港ドル。そして、右側はソフトバンクのSIMです。ソフトバンクはSIMを挿して電源を入れるだけで国際ローミングを利用することができます
[画像のクリックで拡大表示]

図4 端末の電源を入れると、SMSが届きました。これでソフトバンクの国際ローミング通話が可能になります
[画像のクリックで拡大表示]

図5 通信に関しては、接続設定にて、「HSDPA Broadband Access Rechargeable Sim Card」用の設定をします。「APN」を「ips.three.com.hk」にします。IDとパスワードは不要です。なお、他のスマートフォンでは、「APN」が「mobile.three.com.hk」と自動設定されてしまう場合があります。その場合は手動で修正します
[画像のクリックで拡大表示]

図6 通信テストを行ってみました。300kbps前後のスピードが出ていました
[画像のクリックで拡大表示]

図7 香港にて、HYBRID W-ZERO3のGoogleマップを利用している様子。GPS機能にて、現在位置がリアルタイムで分かるため、ガイドブックは持たずにGoogleマップだけで街歩きが可能でした
[画像のクリックで拡大表示]

図8 香港にて、HYBRID W-ZERO3を無線LANルーターにしている様子。内蔵アプリケーションの「WifiSnap」を利用。「MacBook Air」と「iPhone 3G」のモデムとして利用しましたが、こちらもパケット定額となります
[画像のクリックで拡大表示]

 HYBRID W-ZERO3を実際に香港で使ってみて驚いたのは、とても快適に利用できたことです。特に通信に関しては、パケット定額なため、日本にいるときと同じようにフル活用できました。海外のような慣れない場所でこそ、常にオンラインで情報確認が可能なスマートフォンの実力が発揮されると思います。

 3GスロットがSIMフリーで、GSMの利用が可能なHYBRID W-ZERO3は、まさに海外で利用するには、最適と感じました。このような端末が、日本で発売されたことに、喜びを感じる香港旅行でした。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    10歳になったiPhoneとウチの猫

     2017年、iPhoneは生誕10周年を迎えた。これを機に、この3月はiPhoneに関する特集を続けている。もう一つ、個人的に10周年を迎えたものがある。ウチの猫を飼い始めて10年になるのだ。この10年を改めて振り返ってみると、iPhone(やそれを作った米アップル)と猫には共通する点が多いように…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る