• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Macを買ったら絶対入れておきたいオンラインソフト

iTunesで演奏中の歌詞を自動的に取得する「Lyrics Master」

深川 岳志=テクニカルライター 2010/01/25 PC Online


 前回はiTunesの表示に必要なアートワークを取得するツールを紹介したので、今回は歌詞の取得ツールをご紹介しよう。「Lyrics Master」である。

 iPod nanoやiPod touchでは再生中に歌詞を表示できるが、そのためには事前にiTunesで歌詞データを取得しておかなければならない。

 Lyrics Masterは歌詞データベースから、再生中の歌詞を取得し、iTunesに設定するアップルスクリプトだ。

 iTunesで曲の再生中にアップルスクリプトから「再生中の曲の歌詞を検索」を選ぶと、複数のデータベースからデータを検索してくれる。あとはダウンロードして、iTunesに設定するだけだ。

 歌詞がiTunesに入ったかどうかは、「情報を見る」([command]+[I])で曲情報を表示し、歌詞のタブをみると確認できる。

Lyrics Masterをインストールすると、iTunesの「アップルスクリプト」メニューに機能が表示される。初回は「Lyrics Masterを起動」を実行して、初期設定を行う
[画像のクリックで拡大表示]

見つかった歌詞をダウンロードして、iTunesに適用すると、曲の「情報を見る」ことで歌詞が取り込まれたかどうかが分かる。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 連続的に歌詞を取得する
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    アップル非公認でも信頼できる?安心を訴えるスマホ修理業者

     メーカー保証外でスマートフォンの第三者修理を手掛ける「街のスマホ修理店」の運営関係者の間で、米アップルの「方針転換」が話題になっている。保証規約に違反となる修理をしたiPhoneでも、場合によって保証サービスを適用したり有償の正規修理に応じたりするように、保証や修理の規定を変えたというのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る