• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

田中亨「Excelの謎」

名前が五十音順に並ばない!―原因は“コピペ”によるフリガナの欠落(第87回)

87

田中 亨=テクニカルライター 2010/01/26 日経PC21
出典:日経PC21 2010年2月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 もう12年も前のことになる。日本のExcelユーザーを狂喜させた画期的な出来事があった。97年発売のExcel 97に、漢字のふりがな機能が搭載されたのだ。

 「マイクロソフトにとって、ふりがなを振ることくらい朝飯前だろう」と思うかもしれないが、それは同社の開発体制を知らない人が言うことだ。Excelは、日本ではなくマイクロソフト本社で開発される。基本はあくまで万国共通ソフト。各国のリクエストにいちいち応じていたらキリがないし、実際それは不可能である。にもかかわらず、日本側のリクエストによって、ふりなが機能が追加されたのだ。それを望む声がいかに強かったか容易に想像できる。

 この新機能により、ユーザーは人名を正しく五十音順に並べ替えられるようになった。おかげで、名簿の作成がどれだけ楽になったことだろう。ふりがなが画期的な機能と言われるゆえんである。

[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 正しいふりがなが付くのは入力時の読みを記憶するか...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【NRI楠真 強いITはココが違う】

    SIベンダーの強さを決める「体力」

     SIベンダーの体力は比較的よく話題に上ります。最も体力があるのはいわゆるメインフレーマの4社です。民間の案件ではあまり耳にしませんが、公共案件ではNTTグループの体力が群を抜いています。NRIは残念ながら「体力がありますね」とほめられることはあまりありません。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る