• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

戸田覚「パソコン買うか買わぬか思案中」

薄さ・軽さ・駆動時間は文句なし、究極のモバイルノートを大検証「VAIO X VPCX118KJ/B」

戸田 覚=ビジネス書作家 2009/12/18 日経PC21
出典:日経PC21 2010年1月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧
写真/スタジオ・キャスパー
※価格は11月上旬時点の実売価格。Office 2007が付属するVPCX119KJ/Bは、実売12万2000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 わずか13.9ミリという「VAIO X」の厚さを聞いたときには、「何かの冗談か?」と思った。店頭モデルが実売10万5000円前後と聞いて、さらに驚いた。いくらパソコンの実売価格が下がっているとはいえ、信じ難い安さだ。

 これまでにも極薄のモバイルノートはいくつも登場している。最近ではアップルの「MacBook Air」(厚さ4~19.4ミリ)が注目を集めたし、VAIOも過去に「X505」(厚さ9.7~21ミリ)など、数々の極薄モデルがあった。だが、そのどれもが思ったほどヒットしなかった。理由の1つは、価格が高すぎたことにある。メーカーも高いことは承知だったが、安くしたくてもできなかったというのが実情だ。

 VAIO Xは、CPUに小型PC用の「Atom」を採用しているから、ある程度安価に作れるとは思うが、それでも安すぎる。安かろう悪かろうになっていないのだろうか?今回も厳しく採点していくことにしよう。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ あえてターゲットを絞らず作りたいものを作った
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る