• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

田中亨「Excelの謎」

作成者と会社名が“丸見え”――ファイルに自動記録される個人情報の削除法(第81回)

81

田中 亨=テクニカルライター 2009/07/28 日経PC21
出典:日経PC21 2009 年8月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 ここ数年、個人情報に関する意識が急速に高まり、あらゆる職場で顧客や社員の情報流出に気を付けるようになった。そんな時代を迎えたのに、いまだに個人情報が“尻抜け”になっているデータがある。それは、Excel・ファイルに残るユーザー名と会社名だ。Excelで作ったファイルを保存すると、ユーザー名と会社名が自動記録される(下図)。これが思わぬ誤解やトラブルを生むことがある。

作成者と会社名を勝手に記録、ファイルのプロパティで確認を

 私は仕事柄、たくさんのExcelシートを見てきたが、個人名と会社名を残したままファイルを送る人は実に多い。よく見かけるのは、子供のPTA向けに作成した書類に、平気で会社名を残している場合だ。ご丁寧に部署名まで入れてあるので、当人の職種までわかってしまう。また、私が主宰するExcel掲示板に寄せられる質問用のサンプルファイルも、個人名や会社名を残したまま送られるものがとても多い。

 「氏名と会社名くらい、知られても大丈夫だ」なんて、タカをくくってはいけない。そんな人に限って、他人が作成したシートを平気で流用している。これもユーザー名を見れば一発でわかる。また、会社名や部署名が新しく変わったのに、古い情報を残したままのファイルを送る人もいる。これは、取引先との間で誤解やトラブルを生む原因にもなりかねない。

 そんな恥ずかしい思いをしなくてすむように、個人情報が記録されている部分をしっかり確認しよう。まず「ファイル」メニューを開いて「プロパティ」を選択。画面が表示されたら「ファイルの概要」タブを開く。そこに「作成者」と「会社名」が記録されている。どちらも、Excelをインストールした後、初めて起動したときに登録される情報だ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 消せない「ユーザー名」、変更すらできない「会社名...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    屋内トレで夏を乗り切る、無料ヨガアプリの実力

     いよいよ夏休み。ひと息ついて、秋から年末にかけての忙しい時期に備えて、エネルギーチャージをしておきたいところだ。それに向けて大事になってくるのが、体のメンテナンスである。そこで今回は、ストレッチやヨガを自宅で実施するための無料iPhoneアプリから、3つを厳選して紹介したい。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る