• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

尾花紀子「IT時代の子どもたちへ」

中学・高校入試シーズンに真剣に検討したい「通学のための携帯電話」

尾花 紀子=ネット教育アナリスト 2009/01/20 PC Online

 数日前、我が家に大事件が発生しました。帰宅時に、中3の娘が自宅マンションのエレベーターで不審者に襲われたのです。

 その日は偶然自宅で仕事をしていたのですが、「閉じかかったエレベーターの扉をこじあけて男の人が入ってきて、制服の上からオシリを触られたぁ~、気持ち悪かったよぉ~(T_T)」と話し始めた娘の言葉を聞きながら、大慌てでマンションの管理会社に電話。すぐにセキュリティ会社経由で警察にも連絡が届き、事情聴取となりました。

 扉を閉じるボタンを先に押すクセがついている娘は、階数ボタンを押していなかったためにエレベーターは動かず、10秒足らずで不審者は飛び出して逃げたそうですが、エレベーターが上昇していたら、あるいは、これが一戸建ての家だったら、などといろいろ考えてしまい、心底ゾッとしました。我が家は地下鉄の駅の出口の目の前、22時ごろまでは人通りが途切れることはなく、街灯もお店も多い夜でも明るい場所にあるオートロックのマンション……ここが安全じゃなかったら、一体どこが安全なのでしょう。

 事情聴取の際、生活安全課の警察官の方は次のようなことをおっしゃいました。

携帯電話、持ってるよね。
もしもまたこういうことがあったら、即、110番に連絡をしてね。
近くの警官がすぐにかけつければ、犯人もその場で捕まえられるかもしれない。
あと、お母さん、防犯ブザーを持たせてください。
ただし、カバンの中にしまわないで、すぐに鳴らせるところに付けておくこと。

 マンションのエントランスを抜けて慌てて外へと飛び出していった不審者が気がかりで、自宅に入る前にまだウロウロしていないかと上から確認したくらい比較的落ち着いていたのに、突然の出来事で110番までは思い付かなかったとのこと。エレベーターにも非常ボタンがあったのに!などと、事情聴取を終えた娘といろいろ話しました。

 狙って待ち伏せをしていたのか、ふと見かけて私鉄の駅から後を付けてきたのか、たまたま運が悪かっただけなのか。事件の背景は全く分かりませんが、いずれにしても当面は、娘の帰宅時間には自宅に戻っているようにしなければとスケジュール調整をした私です。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 携帯電話との付き合い方を子どもにどう教える?
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る