• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

戸田覚「Macを仕事に徹底活用」

ツリー表示できるアウトラインプロセッサで頭の中を整理する

戸田 覚=ビジネス書作家 2009/01/08 PC Online

 アウトラインプロセッサを使っているだろうか? 僕の場合は、仕事柄、ずいぶん前から活用していた。単行本や雑誌の特集など、長文を執筆する際の内容整理に重宝していたのだ。

 だが、そんな使い方とは別に、いわゆるアイディアプロセッサ的にも便利に利用できる。思いついたり、調査した情報をどんどん入力し、後で位置を入れ替えたり階層を整理するのに役立つのだ。ワープロにはない便利さが確かにある。

 アウトラインプロセッサは、美しい書類を仕上げるためのソフトではないので、機能的には比較的シンプルだ。例えば、完成した書類を印刷しても、どのソフトで作ったかわからないだろう。つまり、得られる結果には、ソフトによる違いがほとんどないのだ。

 何を言いたいかというと、「アウトラインプロセッサは、プロセス命のソフトだ」ということ。つまり、得られる結果が大切なのは言うまでもないが、結果を導き出すための作業性の良さ、思考との直結性を重視するべきソフトなのだ。

 だから、アウトラインプロセッサはそれぞれ、アイディア勝負でいろいろな機能を盛り込んでいて、どれもなかなか魅力的だ。今回取り上げる「Tree」は、一般的なアウトラインプロセッサの階層表示だけでなく、ツリー表示ができるのが最大の特徴だ。あえて言うなら、最大の違いはその点だけである。ソフト名からしてもTreeなのだから、当然と言えばそれまでだが。

 TreeはWebからダウンロードすれば利用できる。試用版でも時間制限なく利用可能だが、25個以上の項目を含む書類を開いた際に、項目の編集など一部操作が行えないとされている。本記事を読んで、ちょっと試してみる程度なら、利便性をきっちり確認できるだろう。

スタート画面。個条書きをどんどんしていくと考えればわかりやすい
[画像のクリックで拡大表示]

この画面で白くハイライトになっているのが「ノート」だ。参考情報を書き込んでいける

ツリー表示はこのようなインタフェースになる。ツリーは、残念ながら3階層までだ
[画像のクリックで拡大表示]

アウトライン表示は、一般的なアウトラインプロセッサと同じだ
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 基本的な使い方はアウトラインプロセッサそのもの
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【AIと倫理】

    ネットで集めたデータはAI学習に使えるか?

     「企業内でディープラーニング(深層学習)を手掛けようにも、現状は手足を縛られているような状態だ」――。2017年5月24日、愛知県で開催された人工知能学会全国大会の公開セッションで、質問に立った企業の技術者が切実な声を挙げた。

  • 【越境エンジニア列伝】

    パクえの「え」はなぜひらがななのか

     今月取り上げるのは吉田雄哉氏。パブリッククラウドの伝道師「吉田パクえ」氏と言ったほうがピンとくる人は多いかもしれない。現在は日本マイクロソフトで「Microsoft Azure」の導入支援を手掛けている。今回は、オープンソースやクラウドと出会って日本マイクロソフトに入社するまでを聞いた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る