• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

田中亨「Excelの謎」

記録したマクロはどこに?――背後で働く「個人用マクロブック」の正体とは(第68回)

68

田中 亨=テクニカルライター 2008/11/11 日経PC21
出典:日経PC21 2008年7月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 面倒な操作をワンタッチで実行できる便利機能が「マクロ」だ。初心者でも、メニュー操作を記録するだけで簡単にマクロが作れる。マクロを常に使うには、保存先を「個人用マクロブック」と指定する。それにしても、この「個人用マクロブック」とは、一体何なのか?

[画像のクリックで拡大表示]

 Exceには、決まった操作を自動化する「マクロ」という機能がある。「VBA(ブイ・ビー・エー)」と呼ばれるプログラミング言語を使い、操作内容を指定する“命令文”を作成。するとその通りにExcelが動作し、面倒な作業をワンタッチで実行できる。

 しかしながら、VBAを使って一から命令文を書くのは、初心者には難しい。そこでExceには、実際のメニュー操作をそっくり記録して、マクロを自動作成する機能がある。それが「ツール」メニューの「マクロ」にある「新しいマクロの記録」。「VBAはよくわからないが、操作を記録してマクロを作ったことはある」という人は意外と多いだろう。

 この機能を使ってマクロを作成すると、マクロの保存先として「個人用マクロブック」「新しいブック」「作業中のブック」のいずれかを選択できる。「新しいブック」または「作業中のブック」を選ぶと、そのファイルを開いているときしかマクロが使えないが、「個人用マクロブック」を選ぶと、Excelの起動中いつでもマクロが利用できるようになる。

 マクロを作ったことがある人なら、「そんなことは知っている」と思うかもしれない。だが、なぜ個人用マクロブックに記録したマクロは、いつでも使えるのだろう。また個人用マクロブックに記録したマクロは、実際はどこに保存されているのだろう。その正体はあまり知られていない。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ Excelと一緒に自動で開く, 表示されない特殊...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る