• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

記事の芽

ネットブックは、一過性のブームか?

小谷 宏志=日経PC21 2008/09/24 日経PC21

 パソコン雑誌の世界では、一つの定説があります。それは「モバイルノートの特集記事は、読者にウケない」というジンクスです。出先にパソコンを持ち運ぶのは、ごく一部の限られたユーザーだけ。おまけに、携帯電話がこれほど高機能になれば、モバイルノートなんて必要ないし出る幕もない。それが、我々の常識でした。

 この定説を覆したのがネットブック。台湾メーカーのアスースが4万円台で発売した「Eee PC」を皮切りに、日本HPやエイサー、デルなどが次々と同様の製品を発売。機能を省き、ネット端末に徹した割り切りが功を奏し、一気に市場が広がりました。こうした流れを受け、日経PC21でも9月号でネットブックの特集を組んだのですが、予想をはるかに上回る反響がありました。

 読者の反応を見て、一つ分かったことがあります。それは「モバイルはウケない」という我々の先入観が間違っていたこと。ニーズは以前からあったのです。ところが、従来のモバイルノートは20万円以上が相場で、とても高価な製品。おいそれと手を出せる価格ではありません。その点、ネットブックなら容易に手の届くレベル。驚異的な安さが潜在ニーズに火を付けたのでしょう。

 国内PCメーカーのなかには「ネットブックは一過性のブームに終わる」と見る人もいます。「できる事はメール送受信とネット閲覧だけ。これでは役に立たない」と言うのです。しかし、出先でPCを使うならそれだけで十分。文書作成や動画編集は二の次です。実際、売れ行きが伸びているのが何よりの証拠。量販店のネットブック売場は、相変わらず人だかりがしています。私には、ネットブックが一過性のブームに終わるとは思えません。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【脱出! 暗闇プロジェクト】

    天狗のマネジャーは不幸への道を必ず歩む

     J部長は悩んでいる。新規プロジェクトのリーダー候補としてA氏とB氏の二人がいて、どちらも甲乙つけがたいのだ。A氏とB氏の仲がいいのであれば、まだ何とかなる。困ったことに、二人はあまり仲がよくないとの噂である。二人とも自己主張が強いタイブで、はたから見ても性格が合わないという印象を受ける。

  • 【誕生!インフラ×AI 業界地図】

    ITが鳴らす号砲、人不足の建設産業に革命

     30年前と比べて生産性があまり改善していないと指摘される建設・インフラの現場。ここに新規参入者による“産業革命”が始まった。「i-Construction(アイ・コンストラクション)」と名付けて、1年ほど前から国土交通省が旗を振る取り組みが、そのけん引役だ。AI(人工知能)、ビッグデータなど先進的…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る