• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
佐藤信正「Googleウォッチング」

Google Chromeの検索エンジンをカスタマイズする

佐藤 信正=テクニカルライター 2008/09/25 日経パソコン

 Google Chromeのアドレス欄を使った検索では、検索サービスをキーワードで複数切り替えて利用できる。しかもこの検索サービスの登録は、該当の検索サイトを一回でも利用すると自動的に実施される。例えば、Amazon.co.jpで一回検索すると、自動的に"amazon.co.jp"というキーワードが割り当てられ、以降は検索欄で直接Amazon.co.jpの検索が可能になる。だが、これがうまくいかない検索サイトもある。

 まず微妙なケースになるgooの検索を見ていこう。gooのトップページで一回検索すると、gooの検索サイトはGoogle Chromeに登録される。登録状況は、新しいタブを開き、そのアドレス欄で右クリックして「検索エンジンを選択」すると確認できる。

図1 gooのトップページで「辞書」を選択して検索する
[画像のクリックで拡大表示]

図2検索エンジンにgooが登録されている
[画像のクリックで拡大表示]

 gooのトップページからの検索だとGoogle Chromeにそのまま登録される。このままでも利用できるが、以下で辞書をメインに検索する設定にしたいので、とりあえずこの検索の登録は削除しておく。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ gooの辞書引きも登録できる
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る