• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Windows XP、残り1年を切る

(2)XPサポート終了の影響と課題

稲川 哲浩=日経パソコン 2013/08/19 日経パソコン
出典:日経パソコン 2013年4月22日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 XPのサポート終了の影響について、詳しく見てみよう。まず、サポート終了と同時に、セキュリティ更新プログラムの提供が終わるのは前述の通りだ。一般に、OSのセキュリティホールと呼ばれる弱点(脆弱性)があると、パソコンへの不正な侵入やデータ流出などの被害が生じる恐れがある。この弱点を補うのがセキュリティ更新プログラム。従って、その提供が終わるとパソコンが安全ではなくなる(図1)。また、企業にとっては、延長サポートの終了により、バグ修正や操作方法のサポート提供が終わることになる(図2)。

●サポートが切れると安全・快適に使えなくなる
図1 マイクロソフトのサポートが切れると、ウイルス感染などセキュリティ面での不安が大きくなる。新たに発売されるソフトや周辺機器も、XPには対応しなくなっていく
[画像のクリックで拡大表示]

●マイクロソフトのOSサポートルール
図2 マイクロソフトのサポートは、基本は前半5年間と後半5年間の2段階で提供される。延長サポートが終わると、セキュリティ更新プログラムの提供も終了する
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ ソフトや周辺機器も減る
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る