• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
セキュリティ対策の新常識

【無線LANの新常識】「WEP」はもはや安全ではない!念のために暗号を強化して“タダ乗り”や侵入を未然に防ぐ

石坂勇三、岡地伸晃=日経PCビギナーズ 2011/03/09 日経PCビギナーズ
出典:日経PCビギナーズ 2010年8月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 無線LANは、他人に親機を利用されないように、電波を「暗号化」して通信します。現在、暗号化の技術は「WPA」という方式が一般的です。どの方式でつながっているか確認してみましょう(図1)。

 もし「WEP」という方式でつながっていたら、注意が必要。WEPは古い規格なので安全性が低く、最近は暗号を解読するソフトが簡単に入手できます(図2)。電波の届く範囲でしか利用されないとはいうものの、安心して使うためにWPAを使うのがこれからの新常識です。

 まずは設定を確認。無線接続の画面で「WPA」と書かれていればOKです(図3、図4)。違っていれば、取扱説明書を見て設定を変更します(図5~図8)。[注1]

[注1]WPAが使えない古い親機は、4ページのような親機に買い換えることをお勧めします。

WEPを解析されると、情報が盗まれる最悪の事態も

 実験用に売られている無線LAN機器と、それに付属するソフトを悪用すると、WEPを解読できてしまう。これを使われると、早いと数分でWEPの暗号を解読されて親機に接続されてしまい、ネットを勝手に利用されてしまう。最悪の場合、ネットの通信データを盗聴され、IDやパスワードを盗まれる可能性もある。

図1 無線LANの接続画面を開くと、いくつもの電波が届いている場合がある。どの方式で暗号化されているかがひと目でわかる。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 WEPを解読するソフトの画面。つなぎたい無線LANの名前を選ぶと、数分でWEPキーを解読してしまう。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 無線LANの新常識! 【対策1】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る