• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

徹底研究 メディアの寿命

【USBメモリー編】放置厳禁!データの“自然蒸発”に要注意

寿命が来なくてもUSBメモリーからデータが消える?

仙石 誠=日経PC21 2010/05/25 日経PC21
出典:日経PC21 2010年2月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 手軽にデータを持ち出せて便利なUSBメモリー。今や容量8ギガバイトの製品が1000円余り。手放せない人も多いだろう。

 実は、USBメモリーにも寿命がある。使えば使うほど余命は短くなるし、使わずに大事に保存しておいても、データが消えることがある(図1、図2)。

【「寿命」と「自然蒸発」、USBメモリーには2つの危険がある】
図1 USBメモリーは、ファイルをたくさん書き込むほど劣化が進む。やがて寿命を迎えると、データの読み書きができなくなる。長時間放置すると、データだけが自然に消えてしまう現象も起こる
[画像のクリックで拡大表示]

【こんな使い方に要注意!不意にデータを失うこともある】
図2 大事なファイルを保存したまま、USBメモリーをしまい込むのは、意外に危険。ある程度、書き込みもしないと、データが消えてしまう。その点では、読み込み専用として使うのも危ない。一方、激しくファイルを書き換えるのも、寿命を縮めてしまう
[画像のクリックで拡大表示]

 トラブルの原因はUSBメモリーの中身、「フラッシュメモリー」という半導体の特性にある。フラッシュメモリーは電源を落としても、データが消えない特殊なメモリーだ。電源が必要なのはデータを読み書きするときだけ。消費電力が少ないので、USBメモリーやメモリーカードなどの周辺機器が採用している(図3)。

【同じ危険を持つ周辺機器はこんなにある】
図3 図1のような危険は、USBメモリーに使われている「フラッシュメモリー」の特性によるもの。デジカメ用のメモリーカードなど、フラッシュメモリーを使っている周辺機器は、ほかにもたくさんある
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、フラッシュメモリーには書き込む回数とデータを保持する期間に上限がある。データを持ち運ぶ用途なら問題ないが、長期保存やハードディスクのような使い方には向かない。

 以下、USBメモリーを例に、フラッシュメモリーの動作を詳しく見ながら、データが消える理由と対策を明らかにしていきたい。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ データを書き込むには“絶縁体”に電子を通す
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る