• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

伊藤浩一「モバイルライフ応援日記」

海外でSIMカードを買ってモバイル三昧(第39回)

39

伊藤 浩一=モバイル情報ブロガー 2008/02/15 日経パソコン

 みなさん、モバイルしていますか? モバイラーは、海外旅行に行ったときもでも、モバイルをしていたいものです。最近は、世界各国で利用できる国際ローミングサービスも充実しています。国際ローミングは便利な半面、利用料が国内で利用するよりも割高です。この問題を解消するため、現地でプリペイド式SIMカードを購入して、現地の利用料金でモバイルをする方法があります。先日、タイ(バンコク)に旅行したときに実践してみましたので、その方法をご紹介します。

 まずは国際ローミングサービスの紹介です。タイは、携帯電話としてはGSMのみに対応しています。3Gには対応していません。このためGSM対応機種を持参する必要があります。

 GSM対応機種として、ドコモのSH905iを持参しました。905シリーズは3GとGSMの両対応なので、タイ国内に到着した時点で、携帯の電源を入れればすぐに使えるようになります。日本からは、普通に090-XXXX-XXXXと電話すれば着信できますし、タイからは+81-90-XXXX-XXXXへ電話することで着信可能です。タイ国内に電話するなら+66を、日本へ電話するなら+81を付加すればできます。通信関連は、メールでもネットでも、特別なことを設定せずに利用できてしまいます。

 ただし、利用料金は、タイ国内への通話で75円/分、日本への通話で175円/分。着信するだけでも75円/分かかってしまいます。通信料はと言いますと、50パケットで50円かかりますので、iモードも利用可能ですが、ちょっと利用しただけで高額なパケット代が請求されてしまうことになりかねません。iモードメールの自動受信はオフにすることをお勧めします。

図1 タイ国内でSH905i電源を入れるとSMSが届き、利用可能となる

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 続いてウィルコムの話
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る