• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Vista即効テクニック

Windows Vistaと一緒に自動起動するスタートアッププログラムを外す

湯浅 英夫=テクニカルライター 2008/02/12 日経パソコン

 大手メーカー製パソコンでは、工場出荷時点で多くのソフトがインストールされていて、Vistaの起動時に自動起動してタスクトレイに常駐するものもある。中にはウイルス対策ソフトなど必要不可欠なソフトもあるが、不要なソフトも少なくない。こうした常駐ソフトが多くなるとVistaの起動が遅くなったり、動作が重くなる原因にもなる。

 スタートメニューの「スタートアップ」に登録されている常駐ソフトは簡単に自動起動をオフにできる。自動起動が不要なソフトは自動起動しないようにしてみよう。

図1 大手メーカー製パソコンでは、多くのソフトがインストールされていて、タスクバーを埋め尽くしていることがある。起動や動作を重くする原因にもなる

図2 スタートメニューの「スタートアップ」を開き、削除したいソフトを右クリックして「削除」を選ぶ。ここに登録されているのはショートカットなので、ソフト本体は削除されない

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る