• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

A4一枚Wordの王道

A4一枚Wordの王道(1)

A4一枚に収めるWordの基本技

中野 明=プランニング・ファクトリー サイコ、服部 雅幸=日経パソコン 2007/11/19 日経パソコン
出典:日経パソコン 2007年9月24日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 社内で飛び交う文書の多くはA4一枚だ。WordによるA4一枚文書の作成にはそれなりのコツがある。最大のポイントはグリッド線と行送り、そしてスタイル機能。さらに余白やヘッダー/フッターなど、最低限修得しておきたいテクニックを基本から解説しよう。いわばWordによるA4一枚の王道だ。加えて、王道を攻略した人のために、パンフレットのように複雑なレイアウトのA4一枚文書を簡単に作る奥義も伝授する。

拡大表示
実際にWordで作り、編集会議に提出した本特集の概要説明書(ダウンロード:見本練習用の書式なしテキスト

 日々、会社で作る文書の大半は社内向けだ。また、「企画の概要」「連絡会議事録」「Vista導入の注意」など、ほとんどは文字が主体で、A4用紙一枚に収まる内容である。ありふれた文書ではあるが、作る機会は表やグラフが満載の長文よりずっと多い。従って、この手のA4一枚文書をきちんと作れることは、パソコンユーザーの基本中のキホンなのだ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ だが、きちんと作れていない文書をよく見かける。最...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る