• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Officeデータ使い回しの極意

Officeデータ使い回し(2)WordでExcel表活用編

オブジェクト貼り付けで修正が容易に

市川 幸弘=日経パソコン、井上 理沙子、門脇 香奈子=テクニカルライター 2007/10/09 日経パソコン
出典:日経パソコン 2005年5月9日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 まずはExcelの表をWord文書に貼ってみよう。Excelで表を選択してツールバーの「コピー」ボタンを押し、Wordに切り替えて、ツールバーの「貼り付け」ボタンで表を貼り付ける。ユーザーによっては「編集」メニューを使ったり、[Ctrl]キー+[C]キー(コピー)、[Ctrl]キー+[V]キー(貼り付け)を使うこともあるだろう。実際にこの操作をしてみると、貼り付けた表のサイズ変更や編集がしづらいことに気付くはずだ。単純にコピー&ペーストで貼り付けた表は、Wordの表として貼り付けられる。一見するとExcelの表だが、実はWordの罫線で作った表で、編集範囲も限られてしまうのだ。

貼り付け方法は多数ある

 Excelの表をWordに貼り付ける方法は10種類以上ある。「その他の貼り付け」の種類が多いのだ。図1はそのうちの代表的な方法をまとめたもの。ただし、基本は前回で説明したように3パターンに集約できる。前述のコピー&ペーストは「その他の貼り付け」に含む。

[では貼り付け方法を紹介しよう:次ページへ]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 【貼り付け方法によってダブルクリック時の動作や編...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る