• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
トラブル解決お答えします

スタンバイの設定を解除するには?

日経パソコン 2007/05/25 日経パソコン
出典:日経パソコン 2006年8月28日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 Windows XPには、パソコンの消費電力を抑えるための機能として「スタンバイ」と「休止状態」の2つがあります。

 スタンバイは、メインメモリーを除く各種デバイス(ハードディスクなど)の電源をオフにするモードです。メモリーに電気を供給しているので、若干電力は消費します。しかし、メモリーにデータが残っているので、スタンバイ状態からは、数秒程度で元の状態に戻れます。

 休止状態はメモリーの内容をハードディスクに書き出して、パソコンの電源を完全にオフにするモードです。電力は消費しませんが、元に戻るにはHDDからメモリーの内容を書き戻す必要があるので、スタンバイよりも時間がかかります。

 これらの機能をオフにするには、「コントロールパネル」の「電源オプション」を開き、「電源設定」タブで「なし」にします。なお休止状態は「休止状態」タブで設定を有効にしないと表示されません。

「コントロールパネル」から「電源オプション」を開き、「システムスタンバイ」で「なし」を選択する

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る