• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

加山恵美「イマドキのネットコミュニケーション」

加山 恵美=テクニカルライター 2007/05/08 日経パソコン

【加山 恵美(かやま えみ)】
フリーライター。東京生まれ、埼玉育ち、東京暮らし。茨城大学理学部化学科卒。システムエンジニアとして就職し、主にネットワークやグループウェアの構築や運用などに携わる。その傍らでLotus Notes/Dominoに関連した技術解説書をいくつか手がけているうちに、いつの間にかライターに。現在はIT技術解説やシステム導入事例、またはエンジニアのキャリアに関する執筆を行う。ライターでありつつも、IT業界を担うエンジニアたちに有用な情報を届けるメッセンジャーでありたいと願い、日々発展し続ける技術の理解と伝達に励んでいる。趣味はコンテンポラリーダンスを観ること、練習すること。

目次

  • テクノロジーでアートもインタラクティブに

     遠い昔を思い返すと、美術の鑑賞というのは「動かない世界」というイメージがある。絵画や彫刻は動かないからだ。見ている方もあまり動かない。評価も「これは○○の絵です。××が素晴らしい」と定められていたような気がする。美術のテストの記憶なのだろうか。(2015/5/11)

  • 賢くなったコンピュータは人間の敵か味方か

     SFの世界では「スターウォーズ」のC-3POのようにロボットが人間と会話したり、「ターミネーター」のようにコンピュータが人類の脅威になったりした。これまでは架空の世界だと思えていたが、IBMの人工知能「Watson(ワトソン)」を見ているといよいよ現実に近づいてきている気がしてしまう。まだ漠然とし…(2015/4/20)

  • 京都がIngressで盛り上がり、高齢者までもぼけ防止にIngress

     みなさん、「Ingress(イングレス)」で楽しんでいますか。Ingressとはスマートフォンの位置情報を用いた陣取りゲームのアプリである。筆者もしっかりはまっており、2月末にレベル10になった。(2015/4/6)

  • 隕石から不審船まで、力任せに計算すればいいってもんじゃない

     子どものころにの将来の夢の一つにNASAで働く技術者というのがあった。宇宙博で人生が180度転換して「リケジョ」(理系女子)となり、カールセーガンの「コスモス」は愛読書だった。もっとも、子どもには高すぎるということでクリスマスと誕生日で分割でプレゼントされたのだけど。同名のテレビシリーズも大好きだ…(2015/3/23)

  • 「ガチの法律専門家」を味方に付けて、ボットネットをテイクダウン

     毎年この時期は政府のセキュリティ月間となっている。2015年は3月18日まで。例年だと地味に粛々と(つまり目立たず)やっていたと記憶しているが、今年は違う。2月はセキュリティ専業ではないソフトウエアベンダー各社がセキュリティへの取り組みをアピールする説明会を開催していた。本気度が高まっている気がす…(2015/3/9)

  • SNS経由で来た!ナンパか詐欺にしか見えなかった海外からの仕事依頼

     たまにふと思う。ライターという職業をビジネスとして考えると、執筆する言語で市場が制限されてしまうなあと。「書いて報酬をもらう」ことに限定するなら、日本語で生産したら日本語圏にしかコンテンツは売れない。一方、言語に依存しないコンテンツ、例えば絵画、写真、動画は違う。言語の壁がなくてグローバルに売れて…(2015/2/23)

  • スマホ花盛りとなったメディア芸術祭、スマホからアートや社会貢献へと

     2月4日から文化庁メディア芸術祭 受賞作品展が開催されている。個人的に毎年楽しみにしている展覧会だ。日常的に慣れ親しんだ技術がアートとして評価されたり、いつもとは違う形で表現されるので新鮮でわくわくする。(2015/2/9)

  • 人工知能を使いこなすには?

     人工知能と人間の会話というと何を思い出すだろうか。「2001年宇宙の旅」のHAL9000、「ナイトライダー」のK.I.T.T.(キット)、スターウォーズのC-3PO、どれも賢く人間の相棒として活躍してくれている。ついでにいつもC-3POの隣にいるR2-D2は人間の言葉は話せないものの寡黙で、果敢で…(2015/1/26)

  • 誤変換に誤読のダブルパンチ! Siriちゃんが、私の名前を正しく呼んでくれない

     「Siriちゃん」とは読者には言わずもがなではあるが、念のため。iPhoneに搭載されている音声操作機能だ。Siriを有効にした状態なら、ホームボタンを長押しすると起動する。有効にするには「設定」-「一般」-「Siri」で設定する。この画面には「自分の情報」という項目があり、連絡先一覧から自分の項…(2015/1/13)

  • 活動量計とIngressでよりアクティブになった2014年

     振り返ってみると、個人的には2014年はスマートフォンやデジタルガジェットで日常がより活動的になった年だった。スマートフォンは単に「小型化されたパソコン」というものではなく、携帯端末だからこそできる機能が徐々に具現化してきているような気がしている。ここでは活動量計と位置情報ゲームIngressにつ…(2014/12/26)

  • 標準の写真アプリだけでも結構楽しめるiPhone

     iPhoneをお使いの皆様、写真アプリは何をお使いでしょうか。撮影した写真を加工するアプリは盛りだくさん。花やマスキングテープなどの柄でデコったり、複数の写真を並べてコラージュにしたり、色合いや雰囲気を変えるフィルター、マンガの一コマのように加工したり……、挙げるときりがない。(2014/12/15)

  • ありがとう地図アプリ! 徒歩までナビしてもらって名古屋のアートイベントへ

     11月初旬にGoogle Mapsアプリのアイコンが変わったのに気づいただろうか。メジャーバージョンアップしてバージョンが「4」になった。同日、位置情報を使う陣取りゲーム「Ingress」もバージョンアップしたのを覚えている(なお筆者はようやくレベル8に到達したところ)。見た目はかなり違うものの、…(2014/12/1)

  • Facebookを乗っ取られないようにするために

     ここ最近Facebookで「プチ乗っ取り」が横行しているらしい。被害の特徴としては、身に覚えのない投稿が誰かにより行われ、被害者の友達がタグ付けされている。投稿される写真はブーツの宣伝が多い。勝手に自分の名を使われて、ニセの宣伝に加担されたような形だ。(2014/11/17)

  • 昨日閲覧した商品がバナー広告に表示される理由

     定期購読しているニュース雑誌がある。広告を見ると車、腕時計、お酒などが男性向けのものが並ぶ。この雑誌は主な読者を男性と想定しているのだろう。女性である筆者が決して買うことのないような車や腕時計の広告を見ると、どこかさみしい気がしないでもない。なんていうか、読者と思われていないというか、こちらを向い…(2014/11/4)

  • iPhone 6へのデータ移行でトラブルに遭遇&iTunes Matchで気をつけること

     当初の予定より遅れたものの、ようやく最近筆者もiPhone 6にした。個人的には手が小さいのでiPhone 6でも「大きすぎる」と感じてしまう。しかし「iPhone 6 Plusは画面が大きくて見やすくていい」と大きいサイズを歓迎している人もいるので、6 Plusのサイズもありなのだろうなと思う。(2014/10/20)

  • iPhone 6でなくても使える、iOS 8でちょっとうれしい機能たち

     出ましたねー。iPhone 6と6 Plus。筆者はiPhone 5sの32GBモデルを持っている。音楽を大量に保有していたため32GBでも「ぱつぱつ」だったところ、「iTunes Match」にして一気にストレージを空けることができた。やったね。(2014/10/6)

  • スマホから「へい!よってらっしゃい」、位置情報を使ったプッシュ配信の活用に期待

     スマートフォンを手にしていると、日々アプリから何らかのプッシュ配信を見ることになる。ニュースやお薦め情報など、特定の時間に登録情報に合わせて配信されるものが多い。なかにはユーザーの現在地から地震や豪雨など防災情報を配信するものもある。先日紹介したように、防災面ではとても助かる。(2014/9/22)

  • LINE乗っ取りで見えたいろんな人間模様

     一時は毎日のように「友達の友達」がLINEの乗っ取り被害に遭った話を聞いた。被害者はコミュニケーション手段となるLINEアカウントが使えなくなるため、報告の多くが代替となるFacebookやTwitterで行われていた。メールではまず聞くことはなかった。日常的なコミュニケーションはメールではないの…(2014/9/8)

  • 知ってた?iPhoneのニッチで便利な機能たち

     次期iPhoneの発売が近づいているらしい。間接的に影響があるため、ひそかにどきどきわくわくしている。そんな折り、現行iOSの便利機能だなんて「いまさら」感がしないでもない。ぴかぴかの新機能で盛り上がる前に、渋くてきらっと光る機能はいかが?(2014/8/25)

  • 歩いて歩いてリアルと連携する陣取りゲーム「Ingress」

     遅ればせながら、先日青組で参戦した。まだレベル3の新人だ。何のことかというと「Ingress」というスマートフォン向けのゲームである。これまでAndroidアプリのみだったところ、7月23日からiOS対応アプリがリリースされ、iPhoneユーザーの筆者も参戦できるようになった。(2014/8/18)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る