• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ラボラトリー

ATOKとIME、賢いのはどちら?

2大日本語入力ソフトの新版、相次ぎ登場

八木 玲子=日経パソコン 2007/03/23 日経パソコン
出典:日経パソコン 2007年2月26日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 ジャストシステムの「ATOK 2007」とマイクロソフトの「IME 2007」。代表的な日本語入力ソフト2製品が、2007年1月末から2月初めにかけて相次いで発売された。いずれも、かな漢字変換エンジンを一新してまで精度向上に挑んだ力作だ。ATOKは単体(8400円。ダウンロード版は6615円)のほか、「一太郎」などにも付属。IMEは「2007 Office system」に含まれる(Vista標準のIMEとは別製品)。

 その実力を検証するため、初期状態でどれだけ正しい変換ができるかをテストした。その結果、変換精度はほぼ互角だった。ただし新語への対応については、ATOKがIMEを上回った。

いずれも変換は高精度

 テストで利用したのは、新聞や小説など10ジャンルの文書。句読点の個所までひらがなを入力して変換キーを押し、最初に表示された候補で確定した。いずれのソフトも設定は初期状態で試したが、学習機能だけは無効にした。

 変換精度は、元の文書に含まれる文字のうち、正しく変換できた割合を示している。このとき、「すでに」と「既に」など、表記の揺れによる相違は正解とした。人名も、「一郎」と「一朗」のような相違は正解とした。ただし、政治家や芸能人のように広く知られた人名については、同じ漢字でなければ不正解とした。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ ATOKもIMEもすべてのジャンルで95%以上と...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「空気を読む」ばかりでは強くなれない

     「空気を読めよ」。こんな言葉で失言や失態を指摘された記憶はあるだろうか。器用だったり人好きのする性格だったりすれば、記憶にないかもしれない。筆者もときどき言われるが、あまり気にしていない。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る