• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Internet Explorer 7乗り換えガイド

(4)インストール時に「悪意のあるソフトウェアの削除ツールをインストール」するか尋ねられた

瀧澤 崇子=テクニカルライター 2006/11/22 日経パソコン

 IE7のインストールは、インストールウィザードの画面に従って行う。途中で「Internet Explorerの最新更新プログラムとMicrosoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールをインストールする(推奨)」と表示された画面が現れる。デフォルトでチェックが付いているが、そのまま次へ進んで問題ない。

 これは、Windows XP用の更新プログラムと、ウイルス対策ソフトのように、悪意のあるソフトウエアを自動で検出・削除するツールをインストールすることを勧めている。インストールするとIE7のインストール中に1度だけパソコンがスキャンされる。感染が見つかった場合は自動的に削除され、コンピュータの再起動後に通知される仕組みになっている。感染が検出されなかった場合は、なにも表示されない。

拡大表示
図1 インストールの途中で表示される画面。最新の更新プログラムと悪意のあるプログラムを自動削除するツールをインストールするかを確認する。ここはチェックが付いたまま「次へ」ボタンで進む

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【HDDが壊れたら…】

    なぜハードディスクは壊れてしまうのか

     「ハードディスクからファイルが読み取れなくなった」。ユーザーから見て同じように見えるデータ消失の背後では、精密機械のハードウエアからOSやファイルを構成するデータといったソフトウエアまで、様々な破損が起きている。データ復旧の事前知識として、どうやってデータは“消える”のかを見ていこう。

  • 【スマホ料金の勘違い】

    auのスマホ料金、「最安1GB」よりも「2GB」が得な理由

     au(KDDI)のスマートフォン向け料金プランは、新旧が混在している。ほかの携帯電話事業者と同様の、通話がかけ放題となるサービス「カケホ」「スーパーカケホ」に加えて、通話定額が導入される前から提供している「LTEプラン」も選べることが特徴だ。またNTTドコモにはない、1GBのデータ定額サービスも用…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る