• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Internet Explorer 7乗り換えガイド

(3)アドオンはもう一度インストールが必要?

瀧澤 崇子=テクニカルライター 2006/11/22 日経パソコン

 IE7にアップグレードしても、アドオンの情報は残るので、アドオンをインストールし直す必要はない。ただし、すべてがIE7で動くとは限らない。

 まず、IE7をインストールする場合には、アドオンは無効にしておいたほうがよい。互換性に問題があるアドオンがあると、インストール後にIE7がうまく起動しないことがあるからだ。あらかじめIE6でアドオンをすべて無効に切り替えてからIE7をインストールし、インストール後、「アドオンの管理」で必要あるもののみ有効にするとよいだろう(図1)。

拡大表示
図1 IE7での動作保証がないIE6向けアドインはトラブルを引き起こす可能性がある。あらかじめIE6の「ツール」メニューから「アドオンの管理」を選び(SP2以外のXPでは利用不可)、すべて使わないように設定しておくほうが安心だ。IE7を削除した後も、この画面でアドオンを1つずつ有効にする必要がある

 アドオンは「ツール」メニューの「アドオンの管理」で有効・無効を切り替えられる。無効にする際には、アドオンの名前を選び、画面下の「無効」というラジオボタンを押すという作業を繰り返す。

 IE7のインストール後、アドオンを有効にする場合は、「ツール」→「アドオンの管理」で「アドオンを有効または無効にする」を選ぶと、アドオンの管理画面が起動する。そこで、IE6で行った操作と同じようにアドオンの名前を選んで、今度は「有効」を選ぶ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る