• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

PowerPoint即効テクニック

市川幸弘=日経パソコン 2006/02/22 日経パソコン

 表の列幅や行の高さが微妙に違う。そんなときは、ドラッグ操作ではなく、ツールバーの機能を使って列や行の大きさを均等に調整しよう(図1、図2)。

目次

  • 表の列幅や行の高さを均等に揃えるには

    表の列幅や行の高さが微妙に違う。そんなときは、ドラッグ操作ではなく、ツールバーの機能を使って列や行の大きさを均等に調整しよう。何度もドラッグ操作を繰り返さなくても、素早くきっちり揃えることができて便利だ。(2006/12/4)

  • 表タイトルの文字の位置を揃えるには

    表の中の文字は、最初は、タイトルも明細行も全てマス目の左上に表示される。タイトル行だけは、中央に揃えたい・・・。そんなときは、配置を調整する。左右の配置は、通常の文字を同じように、「左揃え」「中央揃え」「右揃え」のボタンで調整可能。(2006/11/27)

  • 箇条書きの行頭にオリジナルの図を表示するには

    箇条書きの行頭の記号は、選択しているデザインテンプレートによって決まるが、他の記号に変更することができる。また、用意されている記号以外に自分で作った小さな図などを利用することも可能。(2006/11/20)

  • 他のファイルに含まれるスライドを探して使いまわすには

    他のプレゼンテーションファイルに入っているスライドを編集中のファイルにコピーしたい。そんなとき、コピー元のファイルが開いていれば、コピーアンドペーストで素早く操作できるが、ファイルが開いていないときはどうするか。その場合には、「スライドファインダ」を使う方法がお勧めだ。(2006/11/13)

  • 頻繁に使うスライドをお気に入りに登録しておくには

    「会社概要」や「会社へのアクセス方法」のスライドなど・・・。さまざまなプレゼンテーションファイルで頻繁に使いまわすスライドがあれば、「お気に入り」に登録しておくことをお勧めする。1度登録しておけば、「スライドファインダ」の画面から、すぐにそのスライドを見つけることができる。(2006/10/16)

  • 同じ形の図形を続けて描くには

     オートシェイプの特定の形の図形をいくつも続けて描くときは、図形を描く状態をロックしておくと図形の形を選ぶ手間が省けて便利だ。特に、図形同士を結び付けるコネクタの図形を描くときなどは、同じ図形を何度も続けて描くことがよくある。そんなとき、ぜひ使いたいテクニックだ。(2006/10/2)

  • 文字を別の文字に置き換える

    商品名やプロジェクト名などプレゼンテーションファイルに頻繁に登場する特定のキーワードを別の文字に置き換えるときは、「置換」機能を使って文字を探しながら置き換えるとよいだろう。(2006/9/25)

  • クリック操作だけでスライドを進めたり戻したりするには

    スライドショーの実行中にスライド上をクリックすると次のスライドに進む。では逆に、前のスライドに戻す場合はどうするか。方法はいくつかあるが、もっとも簡単なのは画面下に表示されるショートカットツールバーを利用する方法。ボタンを使って前後のスライドに自由に移動できる(図1)。(2006/9/11)

  • フォトアルバムのレイアウトをあとから変更する方法

    PowerPointには、指定した写真を並べて、あっという間にアルバムを作ってくれるフォトアルバムの機能がある。(2006/9/4)

  • 常に同じ色の図形を描きたい

    オートシェイプを使って図形を描くと、最初はデザインテンプレートによって決められた色の図形が表示される。色が気に入らなければあとから変更することは可能だが、常に決まった色の図形を描きたいという場合には、毎回のように色を変えるのは面倒だ。(2006/8/28)

  • 文字の入力開始位置を調整する

    プレースホルダ内の文字をもう少し左に寄せたい。そんなときは、段落のインデント位置を変更する。(2006/8/21)

  • スライドを拡大して細部を見るには

    スライド内に小さな図形を複数配置する場合はスライドを拡大表示して操作をするとよい。図形の位置のズレなども細かくチェックできる(図1)。(2006/8/7)

  • スライドマスタ表示にすばやく切り替えるには

    「スライドマスタ」や「配布資料マスタ」の扱いを身につけることができたら、ぜひ知っておきたい技がある。ワンクリックで表示モードを切り替える技だ。(2006/7/31)

  • 文字の影の色を変えたい

    文字を立体的に目立たせるには影の効果を利用するのが手軽な方法(図1)。(2006/7/24)

  • 著作権マークや商標登録マークを表示する方法は?

    著作権マークや、商標登録のマークを入力したい。最も簡単な方法は、「(c)」または、「(r)」と入力する方法。(2006/6/20)

  • 矢印の棒と先端の三角の大きさのバランスを調整

    矢印の長さに比べて、三角の部分が小さいような気がする(図1、図2)。(2006/6/19)

  • 図形の文字はそのままで・・・書式だけをコピーする

    あとから描いた図形の色や線のスタイルを、もともとあった図形と同じように揃えたい(図1、図2)。(2006/6/16)

  • 図形の色や文字はそのままで・・・形だけを変える

    「角ばった長方形ではなく、丸みを帯びた長方形にすればよかった・・・」。と後悔する前に・・・(図1)。(2006/6/15)

  • 図形をキッチリ同じ大きさに揃える!

    大きさがまちまちの複数の図形がある。これらを同じ大きさに揃えたい・・・(図1、図2)。(2006/6/14)

  • 図形をキッチリ等間隔に並べる!

    図形をきっちり並べたあと、図形の数が増えたり減ったりすると、図形同士の間隔がまちまちになってしまう(図1、図2)。(2006/6/13)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る