• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Word即効テクニック

段落の途中で行替えをするには

■対応バージョン: Word98(Windows/Mac)、Word2000、Word2001

伊佐恵子=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 2行目以降の行頭を字下げする「ぶら下げインデント」を使っていると、改行時にカーソルを2行目以降のインデント位置に移動したいことがある。でも、ふつうにEnterキー(Mac版ではreturnキー)で改行すると、カーソルは次行の1行目のインデント位置に移動してしまう。これは段落が新しくなるためだ。カーソルを2行目以降のインデント位置に移動したい場合は、段落内で行を替えるようにしよう。

 段落内で改行するには、Shiftキーを押しながらEnterキーを押せばいい。Mac版では、shiftキーを押しながらreturnキーを押す。

 このように段落内で改行することをWordでは「任意指定の行区切り」と呼んでいる。行は替わっていても段落は1つなので、段落のスタイルはきれいに保たれるわけだ。例えば、段落の前後に設定しているスペースが行の間に入ってしまう心配もない。

図1 ぶら下げインデント設定して、2行目以降を字下げした文章。段落の先頭に番号や記号を付けた箇条書きでは、よく見かけるスタイル

図2 段落の最後でEnterキー(Mac版ではreturnキー)を押すと、カーソルは1行目の先頭位置に移動する。段落後に設定しているスペースのせいで、前行との間隔もあいている

図3 2行目の先頭位置にカーソルを移動したい場合は、段落の最後でShiftキーを押しながらEnterキー(Mac版ではshiftキー+returnキー)を押す。こうすると段落後のスペースも入らないので、前行との間もあくことがない

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【NRI楠真 強いITはココが違う】

    ハイタッチからノータッチへ、変わるIT営業

     年末年始と挨拶まわりに忙しい季節です。日本の企業文化に根付いている年始の挨拶まわりは、トップ営業にとって重要なタイミングです。ところが、あるITベンダーの営業がこんなことを言っていました。「米国の本社からは、ハイタッチどころかノータッチで営業しろって言われているんですよ」

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る