• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

ヘッダー/フッターに指定した「-」が表示されない

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 ヘッダーやフッターにはページ番号を設定できる。総ページ数と印刷されるページのページ数を別々に指定できるので、たとえば [2 / 10] のような表示も可能だ。また、任意の文字を指定して「2ページ目」のように表示することもできる。ただし、このとき、一部の記号が表示されないこともあるので注意しよう。

 注意する記号とは「+」と「-」だ。特に「-」は -1/2- のように使うことが多いだろう。実際にやってみよう。

 「ファイル」→「ページ設定」で「ページ設定」ダイアログボックスを表示する。「ヘッダー/フッター」タブを開いて「フッターの編集」ボタンをクリック。「フッター」ダイアログボックスの「中央部」にカーソルを移動して左から2番目のボタンをクリックする。「中央部」には「&[ページ番号]」が入力されたはずだ。印刷するときにはここにページ番号が表示されるので、両側に「-」記号を入力する(図1)。「-&[ページ番号]-」という具合だ。さあ、プレビューで結果を確認してみよう。

 ナント、後ろの「-」が表示されないではないか(図2)。実は「+」と「-」はページ番号を増減させる働きを持つ特別な記号なのだ。「&[ページ番号]-1」と指定すれば、実際のページ番号から1を引いた数が印刷されることになる。

  -1/2- のように印刷したい場合は、「-&[ページ番号]--」と「-」を2つ続けるか「- &[ページ番号] -」のようにスペースを入れるといいだろう(図3)。

図1 「-1-」という表示を期待して「-&[ページ番号]-」と指定した


図2 後ろの「-」が消えている


図3 「-&[ページ番号]--」と設定したところ、 「-1-」と表示できた

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTラクラク実践術】

    まずは最も身近なトイレをIoT化してみよう

     IoTの本格導入を阻む1つめの「IoTの効果や使い方が、まだよく分からない」という壁を乗り越えたいITエンジニアにお勧めなのが、まず自分にとって、そして誰にとっても身近なモノをIoT化してみることだ。その代表例として今、IoT化が進んでいるのがトイレだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る