• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

列番号のA・B・Cが1・2・3になってしまった

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 ある日、何だかExcelの画面がおかしいのに気が付いた。よく見ると列番号がA・B・Cではなく1・2・3と表示されている。これではB3セルではなく23セルではないか。しかも、=A1 のような簡単な参照式を入力してもエラーになってしまう。おかしい。さては新手のマクロウイルスか!?(図1)

 残念ながら(?)マクロウイルスではない。それは「オプション」(Macでは「初期設定」)ダイアログボックスの「全般」タブにある「R1C1参照形式を使用する」のオプションがオンになっているのが原因だ。「R1C1参照形式」というのはセルを「何行目の何列目」と指定する参照形式のこと。A列、B列ではなく1列目、2列目という考え方だ。したがって、列番号も1・2・3と表示される(図2)。

 「そんなオプションはいじったことがない」と憤慨するかもしれないが、このオプションはユーザーの知らぬ間に切り替わることがある。例えば、ほかの表計算ソフトで作成したデータファイルをExcelで開いたときなどだ。必ず切り替わるわけではないが可能性が高い。これは、Excelのブック形式にデータをコンバートする際のトラブルと思われる。

図1 列番号が数字になってしまった。セルの参照式もエラーになる。これは困った

図2 「オプション」で「R1C1参照形式を使用する」のチェックをはずせば、元に戻る

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る