• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

平方メートルの記号を作る

■対応バージョン: Excel5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 表計算ではさまざまなデータが計算される。金額や人数、面積や距離など、およそ数値で表現できるデータなら何でも計算できてしまう。だが、計算だけできればよいというものではない。金額の計算結果には「¥」マークを付けたいし、人数なら「○○人」と単位を表示したい。「¥」や「人」の表示は、セルの表示形式を使えば簡単だ。では、平方メートルなどの表示はどうしたらいいだろう。

 実は、平方メートルの記号は、通常の文字コードには用意されていない。IMEによっては変換できるものもあるが、世界中のパソコンで表示できるとは限らない。そこで、セルの書式を応用することにしよう。まず、セルに「m2」と入力する。このセルをダブルクリックして編集状態にし、マウスかキーボードで末尾の「2」だけを選択しよう(図1)。その状態で「書式」→「セル」を選択して「セルの書式設定」ダイアログボックスを開く(図2)。「文字のサイズ」を小さくして「上付き」にチェックを入れたら「OK」ボタンをクリックしよう。平方メートル記号の出来上がりだ。Excelでは、このように文字単位にフォントを指定することができる(図3)

図1 「m2」を入力して「2」だけを選択する

図2 文字のサイズを小さくし、「上付き」をチェックする

図3 平方メートル記号の完成

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る