• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Word即効テクニック

1つの表を複数の表に見せかける

■対応バージョン: Word98(Windows/Mac)、Word2000、Word 2001、Word 2002

伊佐恵子=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 ページ内に複数の表を入れる場合、キレイに配置するのは案外難しいもの。Word 2000からは、表をドラッグひとつで動かせるようになったけれど、こちらを移動するとあちらがズレる、という不都合もよく起こる。そこで、1つの表を複数の表に見せかけるワザを紹介しよう。

 操作は簡単だ。表の区切りに空白の行や列を入れて、その部分の罫線を消すだけ。ここでは1つの表を3つに区切ってみた。これなら表の位置関係が変わる心配もないし、3つの表を同時に移動することもできる。

図1 表を作り、各表の境目に空白の行や列を入れる。この例では5行目と3列目が区切りになる

図2 「罫線」ツールバーの「罫線の削除」ボタンをクリックし、区切りの行や列の罫線を削除する。ここでは5行目の左右、3列目の上下を削除した

図3 段落記号や表のグリッド線を非表示にすると、表が3つに区切られているのがよくわかる

図4 見た目は3つの表ながら実際は1つの表なので、ドラッグでまとめて移動することができる(Word 2000以降)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る