• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Word即効テクニック

立体図形の設定を自在に変える

■対応バージョン: Word98(Windows/Mac)、Word2000、Word 2001、Word 2002

伊佐恵子=テクニカルライター 2006/08/04 日経パソコン

 オートシェイプの図形を立体化したときは、さらに細かい設定をすることが可能だ。例えば、図形の傾き加減を調節したり、奥行きの幅を変えたり、表面の質感を金属のイメージにしたり、光の当たる角度を変えることもできる。ここで、いくつかの例を紹介しよう。

図1 まず「3-D」ボタンをクリックして「3-Dの設定」を選択する(Mac版Word 2001では、「図形の調整」→「3-D」から選択)

図2 「3-Dの設定」ツールバーが表示されるので、図形を選択して必要な設定を行う。ここでは、はじめに「左に傾ける」ボタンを7回押して、矢印を左に傾けた。ちょうど横に回転させる感じになる

図3 続いて、「奥行き」ボタンをクリックし、奥行きの幅を36ポイントから72ポイントに変更した

図4 最後に「光源」ボタンをクリックし、右から当たっていた光を左上に変更した。後は、周囲の文字や図形の位置を調節して、図を整えていけばいい。立体図形は平面図形より表現力があるので、いろいろな設定を試してコツをつかみ、効果的に利用しよう

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る