• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

行や列の表示・非表示をワンタッチで切り替え

■対応バージョン: Excel 2000

日経PC21 2006/02/23 日経PC21

 一覧表では、できるだけ細かい項目まで入力しておくが、通常は主要な項目だけ表示させておけばよいという使い方も多い。エクセルには行や列を選択し、右クリックメニューで「表示しない」を選ぶことで非表示にできる。しかし、このやり方よりもっと便利な方法がある。列や行の範囲を「グループ化」することだ。こちらなら、クリックひとつでそれらの行の表示/非表示を簡単に切り替えられる。

図1 非表示にできるようにしたい行や列(ここではC列、D列)を選択し、「データ」メニューから「グループとアウトラインの設定」→「グループ化」を選ぶ


図2 すると、ワークシートの上部に表示/非表示を切り替えるためのバーが表示される。ここでは「−」ボタンをクリックすると…(→図3)


図3 C列とD列が非表示になり、バーのボタンが「+」になる。この「+」をクリックすれば、C列とD列が再び表示される

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る