• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Word即効テクニック

必要なときだけルーラーを表示する

■対応バージョン: Word98(Windows/Mac)、Word2000

伊佐恵子=テクニカルライター 2006/10/05 日経パソコン

 文書ウィンドウの上と左に表示されるルーラーは、インデントやタブを設定したり、段落の状況を確認するのに重宝なもの。ただ、画面をなるべく広く使いたいときは邪魔になるので、非表示にしておこう。画面から消してしまっても、必要なときはマウスポインターを合わせるだけですぐに表示できる。

 ルーラーを画面から消すときは「表示」→「ルーラー」を実行して、「ルーラー」の前に付いているチェックマークをはずせばいい。

図1 「表示」→「ルーラー」実行して「ルーラー」のチェックマークをはずす。

図2 ルーラーが画面から消えた。必要なときはマウスポインターをルーラーの場所に合わせる。

図3 隠れていたルーラーが表示されたら、インデントの設定など、必要な操作を行う。ルーラーを常に表示しておきたいときは、再度「表示」→「ルーラー」を実行すればOK。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【NRI楠真 強いITはココが違う】

    ハイタッチからノータッチへ、変わるIT営業

     年末年始と挨拶まわりに忙しい季節です。日本の企業文化に根付いている年始の挨拶まわりは、トップ営業にとって重要なタイミングです。ところが、あるITベンダーの営業がこんなことを言っていました。「米国の本社からは、ハイタッチどころかノータッチで営業しろって言われているんですよ」

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る