• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

現在の日付と時刻をワンタッチで入力する

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 ワークシート上に現在の日付や時刻を入力するケースは多い。請求書や見積書などの発行日付や、議事録や備忘録に追加するタイムスタンプなどだ。この機能はワークシート関数にも用意されている。TODAY関数をセルに入力しておくと、いつでも現在の日付を表示してくれるし、NOW関数なら日付と時刻を表示できる。ただし、これらの関数は常に現在の情報が表示されるようになるので、ワークシートを開くたびに更新されてしまう。前述したようなタイムスタンプとしては使えない。

 そんなときは、ショートカットキーで現在の日付と時刻を入力しよう。やり方は簡単。Ctrlキーを押しながら「;」(セミコロン)を押すと現在の日付が入り、Ctrlキーを押しながら「:」(コロン)を押すと時刻が入力されるのだ。これらは関数ではなく、直接シリアル値というデータが入力されるので、後日そのブックを開いたときに更新されてしまう心配もない。

 なお、Mac版では、Commandキーを押しながら「-」(マイナス)を押すと現在の日付が入力され、Commandキーと「;」(セミコロン)またはCommandキーと「:」(コロン)で現在の時刻が入力される。

図1 現在の日付や時刻を表示するワークシート関数は、ブックを開くと自動的に更新されてしまう

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【波乱のエネルギーIT】

    RPAにすがりたい電力業界、膨らむ事務処理に機運高まる

     銀行や製造業などで導入が相次ぐソフトウェアロボット「RPA」。中国電力IT子会社のエネコムがRPAのクラウドサービスの提供を開始した。RPAツールの導入支援を手がけるシステムインテグレーターやコンサルティング会社は増えているが、クラウドサービスは珍しい。実は、電気事業とソフトウェアロボットは相性が…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る