• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

複数のワークシートを一気に編集する

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 例えば、月別売り上げ報告を作る場合。同じような体裁の集計表を何カ月分も作成しなければならない。こういうケースでは作成したワークシートを必要な枚数分コピーしてもよいが、ワークシートをグループ化するとスマートだ。1枚のワークシートを作る手間で、グループ化した別のシートにも、同じ表組みができあがっているのだ。

 まずグループの先頭になるSheet1を開いておく。次にグループの終端になるSheet3のシート見出しをShiftキーを押しながらクリックする。実行すると、Sheet1からSheet3までのシート見出しがすべて白色に変化する。これがSheet1~Sheet3をグループ化した状態だ。複数のシートがグループ化されると、タイトルバーに[作業グループ]と表示される。このとき現在のアクティブシートであるSheet1に対して行った編集は、グループ化されている他のワークシートにも反映される。

 表の作成などワークシートの編集が完了したらグループ化を解除しよう。グループ化を解除するには、アクティブシートのシート見出しを、Shiftキーを押しながらクリックするか、グループ化されていないシートのシート見出しをクリックすればいい。

 グループ化されたシートでは、行や列を挿入・削除したり、ヘッダーやフッターを一気に設定することもできる。ぜひ覚えておきたいテクニックだ。

図1 複数のシートをグループ化するには、Shiftキーを押しながらシート見出しをクリックする。グループ化されると、Excelのタイトルバーに[作業グループ]と表示される

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTラクラク実践術】

    スマホさえあればIoTは始められる

     IoT化が進められないITエンジニアにお勧めなのが、スマートフォンを使ったIoTシステムの開発だ。スマートフォンには加速度など様々なセンサーが組み込まれているうえ、通信機能も備わっている。最も身近で扱いやすいIoTを実現するための機器が、スマートフォンなのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る