• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Excel即効テクニック

ユーザー設定リストを登録する

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 独自の基準でデータを並べ替えたりよく使うデータを連続データとして利用するには、ユーザー設定リストを登録しておくと便利だ。

 ユーザー設定リストを登録するには「ツール」→「オプション」を実行して「オプション」ダイアログボックスを表示する。Mac版では「ツール」→「初期設定」の「初期設定」ダイアログボックスだ。「ユーザー設定リスト」タブにある「ユーザー設定リスト」が登録するリストになる。

 リストを登録するには2つの方法がある。1つ目はその場で入力する方法。「ユーザー設定リスト」で「新しいリスト」を選択して「リストの項目」に登録したいデータを入力するやり方だ。1データごとにEnterキーで改行し、必要なデータを入力し終えたら「追加」ボタンをクリックする。登録する件数が少ない場合にはお手軽な方法だ。

図1 「リストの項目」に登録したいデータを入力

 登録するデータがすでにワークシート上に入力されている場合は、そのデータを取り込むこともできる。「リストの取り込み元範囲」の右端にあるボタンをクリックして「オプション」ダイアログボックスを縮小表示にする。その状態でワークシート上に入力されているデータの範囲を選択し、同じボタンを再度クリックして「オプション」ダイアログボックスを元に戻す。「リストの取り込み元範囲」に今選択した範囲のアドレスが表示されていることを確認して「インポート」ボタンをクリックしよう。

図2 ワークシート上に入力されているデータを取り込む

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る