• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

Excelからメールソフトを起動する

■対応バージョン: Excel 2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 最近のアドレス帳ソフトでは、メールアドレスが必須項目になっている。Excelのワークシート上に作成するアドレス帳でも、メールアドレスを登録することが多いだろう。ワークシート上にメールアドレス欄があるなら、ハイパーリンクを利用するといい。ハイパーリンクを設定しておけば、セルをクリックするだけでOutlookまたはOutlook Expressが起動するのだ。

 ハイパーリンクは、メールアドレスだけでなく、任意の文字列にも貼ることができる。文字をセルに入力したら「挿入」メニューの「ハイパーリンク」をクリックしよう。表示される「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスの「リンク先」で一番下の「電子メールアドレス」をクリックする。あとは「電子メールアドレス」ボックスに送信先のメールアドレスを入力すればいい。「件名」に入力した文字列は、メールソフトが起動されたとき自動的にメールのタイトルに設定される。

 なお、「@」を含む文字列をセルに入力すると、この文字列がメールアドレスと認識されて、上記のハイパーリンクが自動的に設定される。ハイパーリンクを解除したいときは「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスを開いて「リンクの解除」ボタンをクリックしよう。

図1 セルをクリックすると、自動的に宛先、件名まで入ったメール作成画面が起動する

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【波乱のエネルギーIT】

    RPAにすがりたい電力業界、膨らむ事務処理に機運高まる

     銀行や製造業などで導入が相次ぐソフトウェアロボット「RPA」。中国電力IT子会社のエネコムがRPAのクラウドサービスの提供を開始した。RPAツールの導入支援を手がけるシステムインテグレーターやコンサルティング会社は増えているが、クラウドサービスは珍しい。実は、電気事業とソフトウェアロボットは相性が…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る