• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

時間を切り上げ・切り捨てて計算する

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/03/07 日経パソコン

 出勤時刻と退勤時刻から勤務時間を計算するときは、「退勤時間?出勤時間」と引き算をすればいい。ところが、「15分未満は切り捨てて計算する」という会社もあるだろう。8:13なら8:00とされる場合だ。

 このようなときはFLOOR関数を使う。FLOORは「床」を表す英単語だ。指定した数値を、指定した間隔の下限つまり「床」に丸めるということだ。基準値に時刻を指定するときは「"0:15"」のような文字列を入力する。図1 は、セル A1 に入力した時刻「09:23」をFLOOR関数で15分単位に丸めている。

 反対に切り上げて計算する場合は、CEILING関数だ。CEILINGは「天井」を意味している。余談だが、CEILINGは「セイリング」ではなく「シーリング」と読む。図2 はCELING関数を使った例。CEILING関数はFLOOR関数とは逆に、指定した間隔の上限つまり「天井」に丸める関数だ。

図1 FLOOR関数を使って15分単位で切り捨てたところ


図2 CEILING関数を使って15分単位で切り上げたところ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTラクラク実践術】

    まずは最も身近なトイレをIoT化してみよう

     IoTの本格導入を阻む1つめの「IoTの効果や使い方が、まだよく分からない」という壁を乗り越えたいITエンジニアにお勧めなのが、まず自分にとって、そして誰にとっても身近なモノをIoT化してみることだ。その代表例として今、IoT化が進んでいるのがトイレだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る