• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

連続していないセル範囲をキーボードだけで選択する

田中 亨=テクニカルライター 2006/05/11 日経パソコン

 ワークシートのセルを選択するのは簡単だ。選択したいセルをマウスでドラッグすればいい。Ctrlキーを押しながら操作すれば、連続しない飛び飛びのセル範囲を選択することもできる。

 ところが、この操作はマウスを接続していないノートパソコンではなかなかたいへんだ。片手でCtrlキーを押し続けながらタッチパッドを操作するのは、かなり難しい。

 そんなときのために、連続していないセル範囲をキーボードだけで選択する方法をお教えしよう。まず普通にセル範囲を選択する。これにはShiftキー+矢印キーが便利だ(図1)。次に、Shiftキー+「F8」キーを押す。左手は動かさないでいいのだ。ステータスバーに「ADD」というマークが表示されたのを確認し、矢印キーで次の選択範囲へ移動する。このとき、最初の選択範囲がクリアされないことに注目していただきたい(図2)。

 あとは、必要なだけ「Shiftキー+矢印キー」→「Shiftキー+F8キー」を繰り返せばいい(図3)。

図1 Shiftキーを押しながら矢印キーを押して、任意のセル範囲を選択する


図2 Shiftキー+「F8」キーを押すと、アクティブセルだけを移動できる。このとき選択された範囲は解除されない


図3 再びShiftキーを押しながら矢印キーを押してセル範囲を選択する

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る