• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

数字を指定した間隔に丸める

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/04/27 日経パソコン

 ここに、野球のボールが72個まで入る段ボールがあるとする。1万5000個のボールを運ぶには、この段ボールは何箱必要か? こうした問題を解くためには、入力した値(ボールの数)を指定した間隔(ここでは72個)で丸める必要がある。そんなときに便利な関数がCEILING関数とFLOOR関数だ。どちらの関数も数値を指定した間隔に丸める働きをする。

 下図でB7セルに15000という数字が入力されていた場合、C7セルに=CEILING(B7,72)と指定すると、15048を返す。これを72で割ると、求めていた箱の数が表示できる。

 また、=FLOOR(B7,72)と入力すると14796を返す。CEILING関数は、指定した間隔のうち大きい方へ丸める働きをし、FLOOR関数は逆に小さい方へ丸めてくれる。

図1 指定した間隔で数字を丸めるCEILING関数

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る