• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

関数でハイパーリンクを作る

■対応バージョン: Excel 97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/04/07 日経パソコン

 Excelのワークシートにはハイパーリンクを設定することができる。インターネットのホームページはもちろん、他のブックやWordの文書ファイルなどにジャンプすることができる便利な機能だ。このハイパーリンク、ワークシート関数で作成できるというのは、あまり知られていない。

 ハイパーリンクを作成する関数は、その名もズバリHYPERLINK関数だ。書式は、HYPERLINK(リンク先,別名)。「リンク先」には、ハイパーリンクをクリックしたときにジャンプするセルのアドレスや、Wordの文書に設定したブックマークなどを指定できる。もちろん、インターネットのURLを指定することも可能。「別名」は、HYPERLINK関数を入力したセルに表示する文字列だ(図1)。

 HYPERLINK関数を入力したセルには、「別名」に指定した文字が青色の下線付きで表示される。クリックしてジャンプする使い勝手は、他のハイパーリンクと何ら遜色はない。「リンク先」と「別名」は他のセルを参照することができるので、IF関数やVLOOKUP関数などと組み合わせれば、条件によってジャンプ先が変化するハイパーリンクなども簡単に作成できる。

図1 HYPERLINK関数でハイパーリンクを作成したところ。マクロを使わずに高度なリンクを作成できる

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る