• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

ワークシートの一覧リストを表示する

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 Excelはメモリー容量が許す限り、ブックにワークシートを追加できる。シート見出しにわかりやすいタイトルを入力しておけば、データを目的別に集計するときに便利だ。 ただしワークシートが20枚、30枚となると、シート見出しをスクロールさせて目的のワークシートを開くのが面倒だ。こんなときに「シート見出しの一覧リスト」を表示できればいいのだが…。

 シート見出しの左側にある「見出しスクロール」ボタン。クリックするとシート見出しが移動するボタンなのだが、試しにこれを右クリックしてみよう(Mac版ではControlキーを押しながらクリック)。すると、シート見出しの一覧が表示されたではないか(図1)。

 これなら選択するだけでワークシートを切り替えることができる。ここには、先頭から15枚分のワークシート名が表示される。16枚以上のワークシートを使っている場合は、一番下の「シートの選択」を実行しよう。「シートの選択」ダイアログボックスが表示されて、すべてのワークシート名が表示される(図2)。この機能を知らないで、わざわざ同じ働きのマクロを組んでしまうユーザーは実に多い。

図1 右クリック(MacではContorolキーを押しながらクリック)すると、ワークシートの一覧が表示される。この存在を知らないユーザーが多い

図2 16枚以上のワークシートは、ダイアログボックスにリストアップされる。マクロを組む必要もない

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る