• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

標準のグラフを設定する

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 Excelでは、ワークシートのデータからグラフを作成できる。操作は簡単。データを選択して標準ツールバーの「グラフウィザード」ボタンをクリックするだけだ。実行すると「グラフウィザード」のダイアログボックスが表示されて、グラフの形式を選択することができる。ただし、最初に選択されているのは標準グラフである縦棒グラフだ。もしあなたが毎回折れ線グラフを作成するのなら、いっそのこと標準のグラフを折れ線グラフに変更してしまおう。

 標準グラフを設定するには、まず1つグラフを作成する。このときはどんなグラフでもかまわない。作成したグラフを選択して[グラフ]メニューの[グラフの種類]を実行する。「グラフの種類」ダイアログボックスが表示されるので、標準グラフに設定したいグラフのパターンを選択しよう。ダイアログボックス左下の[標準グラフに設定]ボタンをクリックすれば完了だ。次回から、グラフウィザードを起動すると、今選択したグラフが最初に選択されるようになる。

図1 最初に選択される標準グラフには、好きなグラフを指定できる

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【NRI楠真 強いITはココが違う】

    ハイタッチからノータッチへ、変わるIT営業

     年末年始と挨拶まわりに忙しい季節です。日本の企業文化に根付いている年始の挨拶まわりは、トップ営業にとって重要なタイミングです。ところが、あるITベンダーの営業がこんなことを言っていました。「米国の本社からは、ハイタッチどころかノータッチで営業しろって言われているんですよ」

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る