• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

複数の操作を元に戻す

■対応バージョン: Excel 97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 Excelを使っていて、最もありがたいと感じる機能は「元に戻す」だろう。誤って計算式を削除してしまった…元に戻す!罫線の引き方を失敗した…元に戻す!グラフの種類を変更したらワケが分からなくなった…元に戻す!この機能が搭載されていなかったら、Excelは今ほど普及しなかったかもしれない。

 その「元に戻す」機能だが、実は複数の操作を一気に戻すこともできる。やり方は簡単。「標準」ツールバーにある「元に戻す」ボタンの▼部分をクリックするのだ。実行すると今まで操作した内容がリストで表示される(図1)。

 リスト表示された操作履歴のうち、元に戻したいところまでマウスポインタを移動してクリックすれば、複数の操作を一気に戻せるので便利(図2)。なお、記録される操作履歴は最高で16個までなので、それ以前の状態に戻すことはできない。

図1 左にクネッと曲がった矢印の「元に戻す」ボタン。よく見ると右側に▼ボタンがある。ここをクリックすると操作の履歴がリストで表示される
図2 操作履歴のうち反転している部分を一気に戻すことができる。何項目戻すかも表示される。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTラクラク実践術】

    まずは最も身近なトイレをIoT化してみよう

     IoTの本格導入を阻む1つめの「IoTの効果や使い方が、まだよく分からない」という壁を乗り越えたいITエンジニアにお勧めなのが、まず自分にとって、そして誰にとっても身近なモノをIoT化してみることだ。その代表例として今、IoT化が進んでいるのがトイレだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る