• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

絵グラフを作成する

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 プレゼンテーションなどで使うグラフには、ある程度の遊び心を入れたいものだ。たとえば棒グラフを作成する場合、単純な棒ではなく画像を貼り付けた絵グラフにしてみてはどうだろう。

棒グラフを例に解説しよう。まずは普通にグラフを作る。次にグラフの棒部分(系列)をクリックして選択する。その状態で[書式]メニューの[選択したデータ系列]を実行する。「データ系列の書式設定」ダイアログボックスが開くので[パターン]タブを開き[塗りつぶし効果]ボタンをクリックする。

 表示される「塗りつぶし効果」ダイアログボックスでは、系列を塗りつぶす色やパターンを指定できる。グラデーションやテクスチャを指定することも可能だ。今回は絵を表示するので[図]タブを開こう。[図の選択]ボタンをクリックするとファイル指定のダイアログボックスが開くので、あらかじめ用意しておいたBMPやJPEG画像を選択する。絵の表示方法は「引き伸ばし」「積み重ね」「拡大縮小して積み重ね」の3パターンを選択できるので、好みの形式を指定しよう。

図1 グラフの要素には好きな絵を指定できる

図2 絵は、積み重ねたり引き伸ばすなどの指定もできる

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【波乱のエネルギーIT】

    RPAにすがりたい電力業界、膨らむ事務処理に機運高まる

     銀行や製造業などで導入が相次ぐソフトウェアロボット「RPA」。中国電力IT子会社のエネコムがRPAのクラウドサービスの提供を開始した。RPAツールの導入支援を手がけるシステムインテグレーターやコンサルティング会社は増えているが、クラウドサービスは珍しい。実は、電気事業とソフトウェアロボットは相性が…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る