• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

データを間違えて消さないようにする

■対応バージョン: Excel 5.0、95、97、98(Mac)、2000

田中 亨=テクニカルライター 2006/02/23 日経パソコン

 人はよく間違いを犯す。決してやってはいけないことを、ついやってしまった経験は多くの人が持っているに違いない。複雑な計算式が入っているセルを、つい削除してしまった時には泣くに泣けない。バックアップをとっていなければなおさらだ。後悔をしないためにも、大事な計算式は保護するクセを身につけよう。

 Excelでは、ワークシートやブック全体を保護することができる。パスワードを設定することも可能なので、他人に変更される心配もない。ワークシートの保護は「ツール」→「保護」→「シートの保護」を実行する。

 保護の対象は「データ」「オブジェクト」と「シナリオ」。「データ」を保護すると、そのワークシート上のセルはすべて操作できなくなる。肝心のデータすら入力できない。「データは入力できるが、計算式はちゃんと守る」のが目的だから、これでは意味がない。データを入力するセルだけは、編集できるようにしておこう。 まずデータを入力するセルを選択して「セルの書式設定」ダイアログボックスを開く。「保護」タブを開いて「ロック」のチェックをはずすだけだ。まず入力を許すセルを設定してからワークシートを保護するという手順だ。

図1 「ロック」についているチェックをはずす


図2 その次に、シートの保護を実行して、保護の方法を選ぶ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る