• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

  • 空白セルを含む折れ線グラフを作る

    空白セルを含む表から折れ線グラフを作ると、データの入っていない部分が途切れたグラフになる。空白セルを値0とみなしたいときや、とりあえず折れ線グラフの体裁を整えたい場合には、このような空白セルのプロット方法を指定することができる。(2006/2/23)

  • 郵便番号を自動的に「-」で区切るには

    Excelで住所録を作成する人は多い。並べ替えやオートフィルタなどの強力なデータベース機能を手軽に使えるからだ。でも、郵便番号や電話番号の入力はけっこう面倒くさい。102-0093のように、数字と記号を組み合わせて入力しなければならないからだ。ところが、これらの記号を入力しなくても、自動的に表示させ…(2006/2/23)

  • グラフ内の項目を間違いなく選択する

    Excelのグラフは自由にカスタマイズできるのが魅力。数値軸の書式を設定したり、グラフエリアの背景色を好みに変えたり。やり方は簡単。グラフ内の設定したい項目を選択してから、「書式」メニューなどを操作すればいい。(2006/2/23)

  • グラフを画像ファイルとして保存する

    Excelで作ったグラフを、ホームページの素材に使いたいといった場合、画像ファイルとして保存するにはどうすればいいだろう? 「グラフを画像として保存」なんてメニューはないし…。 マクロを使えば、Exportメソッドでファイル名と画像フォーマットを指定して保存することもできるのだが、実に簡単な方法があ…(2006/2/23)

  • 大量の小数点付き数字を素早く入力するには

    ノートパソコンで「1.23」や「0.123」のように小数を含む数字データを大量に入力する場合「.」の入力が面倒に感じることがある。キーボード最上行の数字キーと最下行の「.」キーが離れているからだ。こんなときはオプションを変更して「.」の入力を省略すると便利だ。(2006/2/23)

  • グラフの系列を簡単に追加・削除する方法

    図1は、田中さん、鈴木さん、佐藤さんの売上データをグラフ化したところ。このグラフに新しく山田さんのデータを追加するときは、データが入力されているセル範囲をグラフにドラッグすればよい(図2、3)。系列の名称などは自動的に判断されるので便利だ。同時に複数の系列を追加することもできる。(2006/2/23)

  • ワークシートに画像を挿入する

    プレゼンテーション用の資料など、数字の羅列に華を添えたいときもある。そんなときはワークシート上に画像を挿入してみよう。(2006/2/23)

  • グラフをドラッグして元データを変更する

    Excelで作成するグラフはワークシートの数値と連動しているので、セルの数値を変更するとグラフも瞬時に更新される。もはや当たり前のように感じるこの仕組みだが、実は逆の操作もできることをご存じだろうか。(2006/2/23)

  • グラフに表示される系列の順序を指定する

    図1は、セル範囲 A1:D4を元にグラフを作成したところ。A列に「田中」「鈴木」「佐藤」と並んでいるので、グラフも同じ順序で作成されている。だが、データは「田中」「鈴木」「佐藤」だが、グラフは「佐藤」「田中」「鈴木」の順で表示したいときもある。(2006/2/23)

  • 複数の操作を元に戻す

    Excelを使っていて、最もありがたいと感じる機能は「元に戻す」だろう。誤って計算式を削除してしまった…元に戻す!罫線の引き方を失敗した…元に戻す!グラフの種類を変更したらワケが分からなくなった…元に戻す!この機能が搭載されていなかったら、Excelは今ほど普及しなかったかもしれない。(2006/2/23)

  • 大きさの異なるデータから見栄えの良いグラフを作る

    もし身長と視力を同じグラフで表したら、いったいどんなグラフになるだろう。ワークシートに表を作り、いつも通りグラフウィザードでグラフを作成すると、おそらく図1のようなグラフになるだろう。100以上の数値が並ぶ身長と、2.0が最大の視力を同じグラフで表せば当然、こうなる。このように、数値の傾向が大きく異…(2006/2/23)

  • 開いている複数ブックをすべて保存して終了する

    Excelでは同時に複数のブックを開くことができる。同時に開けるブックの最大数は、パソコンに搭載されているメモリーの容量やOSのシステムリソースなどで決まる。64MB程度のメモリを搭載したパソコンなら、よほど大きなブックでない限り同時に10個以上のブックを開いても大丈夫だろう。(2006/2/23)

  • 標準のグラフを設定する

    Excelでは、ワークシートのデータからグラフを作成できる。操作は簡単。データを選択して標準ツールバーの「グラフウィザード」ボタンをクリックするだけだ。実行すると「グラフウィザード」のダイアログボックスが表示されて、グラフの形式を選択することができる。ただし、最初に選択されているのは標準グラフである…(2006/2/23)

  • お手軽に横棒グラフを作成

    Excelには便利なグラフ機能がある。棒グラフでも折れ線グラフでも、ウィザードを使って効果的なグラフをあっという間に作成できる。だが、あまり凝る必要がなく、とりあえず数値の大小だけを見たいときには、関数を使ってお手軽な横棒グラフを作成することもできる。(2006/2/23)

  • グラフの元になる表を隠したい

    ある表からグラフを作成するとき、その表がグラフ化に適した構造をしているとは限らない。売上高の推移グラフを作りたいのに前年実績データが間に入って邪魔をしたり、飛び飛びのセルから円グラフを作成したいなど、世の中うまくいかないものだ。(2006/2/23)

  • 常に並べ替えられた表を作成する

    データを並べ替えるには、ツールバーの「昇順で並べ替え」ボタンをクリックする。だが、ワークシート関数を組み合わせると、いちいちボタンをクリックしなくても常に並べ替えられた状態を表示することもできる。図1を例にして解説しよう。(2006/2/23)

  • 1行おきのセルを合計したい

    指定した範囲のセルの値を合計するのは簡単だ。では、1行おきにセルの値を合計しろと言われたら? かなりのExcel上級者でも頭を悩ますのではないだろうか。  例えば、下の表で、各支店の「当期売上高」だけを合計したい、というケースだ。(2006/2/23)

  • ピボットテーブルから目的のデータを簡単に取り出す

    Excelのピボットテーブルは、複雑なデータからクロス集計などの分析を行える強力な機能だ。行フィールドや列フィールドをマウスのドラッグだけで変更できる操作性は、従来のワークシートを超えた使い勝手を提供してくれる。(2006/2/23)

  • 金種表を作る

    金種表をご存じだろうか。例えば、1234円を最も少ない金種で用意したい場合、千円札→1枚、百円→2枚、十円→3枚、一円→4枚となる。このように、どの金種を何枚用意すれば目的の金額になるかを表したのが金種表だ。Excelで金種表を作ってみよう。(2006/2/23)

  • LOOKUP関数で検索・表引きが自由自在

    Excelの関数で最も有名なのはSUM関数だろう。次に知名度が高いのは、条件によって処理を分岐するIF関数だろうか。そして、マスターテーブルの左端を検索して、指定されたキーの右側を返すVLOOKUP関数もよく使われる関数のひとつだ。(2006/2/23)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る