• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

  • セル内の改行を検索/置換する

    Excelでは、セル内で自由に改行できる。方法はAltキーを押しながらEnterキーを押すだけだ。 図1のようにセル内で改行して複数行の文字列を入力しているデータがある。ところが、「やはり改行せずに1行で表示したい」という場合はどうすればよいだろう? ひとつひとつ改行をとっていく? いや、そんな作業…(2006/2/23)

  • セルに左右されず自由な場所に文章を置く

    セル以外の場所に文章を置く方法としては以前紹介した「コメント」機能のほかに、「テキストボックス」という機能が使える。(2006/2/23)

  • セルのデータに関連した情報を「付せん」として付ける

    セルに入力した文字や数字のデータについて、関連した情報を「付せん」のように付けておきたいときがある。そんなときに役立つのが「コメント」機能だ。(2006/2/23)

  • セルに応じて日本語入力のオン/オフを自動切り替え

    住所録など一覧表の入力では、列ごとに入力すべきデータの形式が決まってくる場合が多い。例えば、「電話番号」や「郵便番号」の列は半角英数字に揃えたい。しかし、そのつど日本語入力ソフトのオン/オフを切り替えるのはわずらわしい。そんなときは、それらの列を選んだ上で「入力規則」を設定しよう。セルを選んだだけで…(2006/2/23)

  • 「1/2」を日付ではなく分数として入力するには?

    エクセルでは「1/2」などと入力すると、自動的に日付と判断し、セルの書式を日付形式にしたうえで「1月2日」などと表示するようになっている。簡単に日付を入力したいときには便利な機能だ。(2006/2/23)

  • 指定した値までの連番をドラッグ操作なしで一気に入力

    入力しようとする連番が100件以上にもなると、ドラッグ操作のオートフィルで必要な件数を正確に入力するのは大変。(2006/2/23)

  • セルの入力候補をリスト表示

    表を作成するとき、すでに文字を入力してあるセルと同じ内容を入力する場面は多い。そんなときに便利なのが「オートコンプリート」機能だ。(2006/2/23)

  • キー操作だけでセルを移動する極意!

    エクセルにデータを入力するとき、ワークシート上のセルに文字や数値を打ち込むたびに、マウスや矢印キーでいちいち入力対象のセル(アクティブセル)を移動させるのは手間。(2006/2/23)

  • 複数のワークシートをきれいに並べる

    エクセルの画面で開いているいくつかのワークシートを見比べながら作業したいという場合、それぞれの大きさや位置を一つずつ調整するより、もっと簡単な方法がある。「ウィンドウ」メニューにある「整列」の機能を使うやり方だ。(2006/2/23)

  • 行や列の表示・非表示をワンタッチで切り替え

    一覧表では、できるだけ細かい項目まで入力しておくが、通常は主要な項目だけ表示させておけばよいという使い方も多い。エクセルには行や列を選択し、右クリックメニューで「表示しない」を選ぶことで非表示にできる。(2006/2/23)

  • スクロールしても項目名を見えるようにする

    画面に収まり切らない大きな表の場合、スクロールしたときに、画面に並ぶデータがそれぞれどの項目に対応しているのかを判断しづらい。(2006/2/23)

  • セルの計算式を消して結果の値だけを残す

    表計算ソフトでは、セルに計算式を入力し、ほかのセルに入力してあるデータを使った計算結果を表示させるという使い方ができる。(2006/2/23)

  • 一覧表の行と列を丸ごと入れ替える

    通常の一覧表では、横に項目名を並べ、1つの行に1件の情報が入るようにデータを入力していく。しかし、表の内容やレイアウト上の都合などによっては、縦に項目名を並べ、1つの列に1件の情報が入るように変更したい場合もある。(2006/2/23)

  • 行や列の並びをドラッグ操作だけで手早く入れ替える

    一覧表で列の順番を変えたいとき、たいていの人は列全体を選択し、「切り取り」と「切り取ったセルの挿入」を実行している。(2006/2/23)

  • 画面に収まりきらない表全体を素早く範囲選択

    画面より広いセル範囲をドラッグで選択しようとすると、画面外に出た途端に勢いよくスクロールしてしまい、なかなか希望する範囲で止まれない。(2006/2/23)

  • 表全体の数値の表示形式を手早く切り替える

    セルの中に入っているものが同じ数値であっても「セルの書式設定」メニューを選ぶことで、見た目の表示はいろいろと変えることができる。設定画面が現れたら「表示形式」タブを開き、「分類」欄と「種類」欄で表示形式を選択すればよい。(2006/2/23)

  • セルの色や書体を一行おきに手早く揃える

    一覧表では、上下の行と見分けやすくするために、一行おきに色を分けるというデザインにすることが多い。そんなときにも「オートフィル」の機能を利用できる。(2006/2/23)

  • 罫線や塗りつぶしの操作をもっと手際よく行う

    表の項目やデータがうまく配置できたら、罫線を引き、セルに色を塗って表にメリハリをつけよう。これらは、画面上部のボタンで指定できる。(2006/2/23)

  • 長い文字列を、列幅を変えずにセルに表示させる

    セル幅からはみ出している長文を、列幅を変えずにセルに収めたい!)!)!)。そんなときは「セルの書式設定」で、「配置」タブにある「折り返して全体を表示する」をオンにすればよい。(2006/2/23)

  • 複数のセルを結合して、文字を縦書きにする

    階層関係を示す場合、下位の階層の項目を、上位の階層の項目の右隣のセルに並べるというやり方もある。この場合、上位階層のセルをコンパクトにまとめておくと見栄えがよくなる。(2006/2/23)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る