• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック

  • セルの塗りつぶし色を印刷しない方法

    ワークシート上に入力したデータを見やすく表示するには、セルの塗りつぶし色を設定すると便利だ。例えば「黄色いセルに数値を入力してください。結果は赤色のセルに表示されます」と説明しておけば、Excelに不慣れなユーザーでも安心して使えることだろう。(2006/3/7)

  • 時間を切り上げ・切り捨てて計算する

    出勤時刻と退勤時刻から勤務時間を計算するときは、「退勤時間-出勤時間」と引き算をすればいい。ところが、「15分未満は切り捨てて計算する」という会社もあるだろう。8:13なら8:00とされる場合だ。(2006/3/7)

  • 21世紀まであと何日?

    西暦2000年を迎えるその瞬間、世界の各地で盛大なカウントダウンが行われた。そして今年の年末もカウントダウンで大いに盛り上がるだろう。何と言っても来年は21世紀なのだから。(2006/3/7)

  • 2乗・3乗や平方根・立方根を計算するには

    2の2乗は4だ。これをExcelで計算するには「^」という演算子を使う。演算子とは計算に使う記号のこと。足し算の「+」やわり算の「/」も演算子の仲間だ。では、ある数字の2乗、3乗を表すには? この場合の演算子は「^」だ。2の2乗なら「=2^2」となり、2の3乗は「=2^3」と入力する(図1)。(2006/3/7)

  • 参照元や参照先に矢印を引く

    セルに計算式を入力すると、そのセルには計算式の結果が表示される。それはそれでよいのだが、ときには計算式がどのセルを参照しているのか確認したいときもあるだろう。参照先のセルがすぐ近くにある場合は、計算式の入ったセルを編集状態にするのも有効だ。だが、さらに詳しく状況を調べたいのなら、ワークシート分析機能…(2006/2/25)

  • コピーしたいのは数値だけ

    計算式が入力されているセルをコピーすると、通常コピー先のセルには参照アドレスが調整された計算式が複写される。当然、計算結果の数値も変わる。(2006/2/23)

  • データを間違えて消さないようにする

    人はよく間違いを犯す。決してやってはいけないことを、ついやってしまった経験は多くの人が持っているに違いない。複雑な計算式が入っているセルを、つい削除してしまった時には泣くに泣けない。(2006/2/23)

  • 1つの数字セルから連続番号を作るには「右ドラッグ」

    Excelにはフィルハンドルという便利機能がある。選択したセルの右下に見える小さな■がフィルハンドルだ。これをドラッグすると、連続した日付データなどを簡単に作成することができる。(2006/2/23)

  • 特定のシートを新規ブックとして保存する

    Excelでは1つのブックに複数のシートを利用できる。毎月の売上を1枚のワークシートにまとめ、合計金額は「総売上シート」に集計するといった使い方は一般的だ。(2006/2/23)

  • 簡単に合計値を調べる

    Excelには様々な関数が用意されている。おそらく最も有名な関数は、合計値を計算するSUM関数だろう。(2006/2/23)

  • すべてのページに表のタイトルを印刷する

    大きな表を印刷すると、1行目やA列に入力した表題や表の項目が1ページ目にしか印刷されない。2ページ目以降では、何の表なのか分かりにくくなってしまう。(2006/2/23)

  • 計算式を見えなくする

    時には人に見せたくない計算式というのもある。表の作成者とデータを入力するユーザーが別々の場合には、どんな計算が行われているかをユーザーに隠したいこともあるだろう。(2006/2/23)

  • ワークシートの離れた場所を表示する

    Excelのワークシートは広い。65536行×256列のワークシートを一望できるディスプレイなど存在しないだろう。(2006/2/23)

  • 列の途中でウィンドウを分割する

    ワークシートの離れた場所を同時に表示するには、ワークシートを分割すると便利だ。やり方は簡単。(2006/2/23)

  • 「○月○日現在」と表示するには

     現在の日付と時刻を知るにはNOW関数を使う。どこかのセルに=NOW()と入力しておけば、そのブックを開くたびに新しい日付と時刻が表示される。(2006/2/23)

  • 列方向のデータを並べ替える

    ワークシート上のデータを並べ替えるときは、「標準」ツールバーの「昇順/降順で並べ替え」ボタンをクリックする。(2006/2/23)

  • ショートカットメニューを使いこなす

    Excelを操作していて、目的の機能がどのメニューに登録されているかわからず右往左往した経験はないだろうか。Excelには非常にたくさんの機能がコマンドとして登録され、階層が深いだけでなく現在選択されているものによってメニューの内容が変化することもある。(2006/2/23)

  • 次の会議は何日? 規則のある数値を予測する

    ドラッグで連続データを作成するのはExcelの得意技だが、この機能の面白い応用例を紹介しよう。  「100」を入力したセルと「101」を入力したセルを選択してフィルハンドルをドラッグする。すると、ドラッグした範囲に「102」「103」…という連続データが作成される。(2006/2/23)

  • 名簿から「~田」だけを抜き出す

    ある名簿から、名前の末尾に"田"が付く人だけを取り出したい。このような場合は、フィルタオプションで抽出できる。(2006/2/23)

  • 4項目以上のキーで並べ替える

    ワークシートに入力されたデータを並べ替えるときは、「データ」メニューの「並べ替え」を選択する。ところが「並べ替え」ダイアログボックスでは並べ替えのキーとなる項目を3つまでしか指定できない(図1)。4項目以上のキーを指定して並べ替えを行うにはどうしたらいいだろうか。(2006/2/23)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る